アニメ『バキ 1〜10話』感想

キャラクター解説  ↑最新↑  バックナンバー  11話〜20話→
刃牙感想(雑談) ゆうえんち 疵面 どげせん 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP


2018年7月1日
#1 シンクロニシティ

 ついにバキがTV放送だッ!
 前作アニメ『グラップラー刃牙』から17年の歳月をへて、続編登場である。
 ちなみに『グラップラー刃牙』のラストにジャック・ハンマーの母親が意味ありげに出てきましたが、アレの謎は解けていないので忘れていても問題ありません。
 前作『グラップラー刃牙』を知らない人は、『バキ』初心者向け解説をどうぞ。

 冒頭から居眠りして目半開きでよだれをたらしているのが、われらが主人公範馬刃牙(バキ)です。
 範馬の血に覚醒して飛躍的な強さを手に入れ最大トーナメントに優勝した。
 現状できうる限りの強さに達したので燃え尽きているのかも。
 人間の域は超えてしまったし、正直言ってこれ以上なにをしたら強くなるのかワカらん。
 ふりかえると『バキ』は範馬刃牙がより強くなるための方法を知る物語だったのかも。

 今までの刃牙は強さを隠していたのだが、それが漏れている。
 居眠りして油断したから、漏れちゃったのか?
 あ、尿の話じゃありません。

 刃牙は、範馬の血に覚醒して強くなったので隠しきれなくなったのか?
 隠す気が無くなったのか?
 刃牙だと油断して漏れたというのもありそうだ。
 ……全部ですかね。
 刃牙が強いと知られることで、今後さまざまなトラブルが起きそうだ。

 なんで徳川さんが学校に来たのか謎です。
 実は経営者だったりするんだろうか?
 だとしたら試合で休みがちな刃牙をフォローできるかも。
 しかし、放課後まで待てなかったんだろうか?
 人の都合より自分の欲望を優先しちゃうあたりが、さすが御老公である。(※ ほめていません)

 なんでニトログリセリンを持ってきたのかも謎だ。
 爆破も辞さずという覚悟か?
 とにかくインパクト勝負で迫力を出したかったのだろう。
 『迫力があるから説得力もあるっていう寸法だった。』板垣恵介の格闘士烈伝
 就職活動とかで面接を受ける人は是非ともニトログリセリンを持っていっていただきたい。
 迫力が全然ちがってインパクトを確実に与えられるぞ!
 記憶に残ること間違いなし。

 そして最凶死刑囚たちの登場だ。
 映画の『羊たちの沈黙』(AA)や『ザ・ロック』(AA)の世界ですね。
 みんなこった牢獄に入れられているな。

 第一の死刑囚はドリアンだッ!
 首を吊られても死なない!
 ドリアンは首を鍛えているからできたのか?
 こりゃ、首締めチョークが効かないかもしれない。

 そして拘束具をものともしないで破る超パワーだ。
 それでいて蹴りのさいに足の親指を立てる足刀の形を取っているので武術経験もあるのだろう。
 パワーアンドテクニックの恐るべき怪物だ。

 第二の死刑囚はドイルだッ!
 電気イスに耐える肉体と人を瞬殺する攻撃力を持っている。
 飛行機を待たせていたことから計画的な入獄と脱獄だったようだ。
 死刑囚たちの中では随一の知性派ですかね。
 さすがシャーロック・ホームズを生んだ国の戦士だ。

 第三の死刑囚はシコルスキーだッ!
 垂直の壁をのぼる驚愕のクライミングと、あのガーレンを倒す実力者だ。
 初見の人は「あのガーレン」って言ってもワカらんでしょうが。

 強さアピールが既存の戦士を倒すというありがちなモノなので将来が少し心配なロシア人であった。
 バキ世界はなぜかロシア人に対して冷たい。
 シベリアブリザードなみに冷たく厳しいのだッ!

 第四の死刑囚はスペックだッ!
 ヤツは5分間の無酸素運動ができる!
 1500メートル走の世界記録は4分以下なので、スペックはこれぐらいの距離を息継ぎなしで走れるのだ!
 ラッシュ合戦になったら強そう。

 第五の死刑囚は柳龍光だッ!
 人呼んで「猛毒 柳龍光」である。
 柳は毒を使う。

 この地球上でもっとも強い毒ガスとはなにか!?
 そもそも、どこに隠し持っているのか?
 まさかふんどしの中に秘密は無いだろうけど。
 死刑囚の中で唯一体格が標準以下なので、そこがかえって恐ろしい。

 五人の最凶死刑囚たちが同時に脱獄し、東京を目指す!
 まさか徳川さんが手引きしたワケじゃ無いんだろうけど、恐るべき偶然だ。
 迎え撃つのは刃牙たち地下格闘技戦士なのか!?
 今までとは違い、ためらわずに人を殺し、武器も使う。
 新たな死闘は壮絶な流血の予感がする。

2018年7月8日
#2 黒格闘技

 バキのTV放送2話目だッ!
 前回ヤバいシーンは数あれど、意外と黒くならなかった。
 だが今回はスペックがらみが真っ黒だよ。

 世界各地から敗北を求め最凶死刑囚5人が東京へ集結するッ!
 シンクロニシティだッ!
 という情報が徳川さんから伝えられるのだった。

 最初に姿を見せたのはイギリスからやってきたドイルだッ!
 なぜならッ!
 ドイルだけが乗り物を利用しているからだ! しかも、飛行機だぞッ!
 他の連中は、泳ぎ、徒歩、泳ぎ、たぶん徒歩と、文明の利器に頼っていない。
 やっぱ、交通手段は大事ですね。
 さすがにドリアンやスペックが太平洋を泳いで渡ったとは思いませんが。

 ドイルが狙ったのは地下闘技場戦士のロブ・ロビンソンだッ!
 何故ッ!? ロブ・ロビンソンかッ!?
 言っちゃ悪いですが、ロブ・ロビンソンは あんまり強くないんですよね。
 ただ、K-1で優勝して沈まぬ太陽と称せられるほどの絶頂期で有名人だからかもしれない。
 ドイルも公園でずっと強いヤツを待っていたけど、ロブ・ロビンソンしか通りかからなかったのかも。

 現代人は衣服を着て生活をしている。
 なので、エリやソデをつかむ着衣への組技は実践的な格闘術なのだ。
 もっとも柔道着とかは服の流行からちょっと取り残されている感がありますが。
 とにかく、エリを取って絞める、投げるというった技術体系は非常に有効である。
 だが、インドネシアの民族格闘技ペンチャク・シラットでは次のような対策をしている。
 『襟を摑むことは、白兵戦では最も有効な手段だ。だから、我々は自分の戦闘服の襟首に刃物を隠しておくんだ』板垣恵介の格闘士烈伝

 チャンピオン作品の『クローバー』(AA)がドラマ化した時も、エリに剃刀ネタがあったけど、実戦における容赦ない手段ですね。
 地下闘技場戦士であっても、ほんとうのルール無用では一方的に倒されてしまう。
 これが最凶死刑囚の強さと容赦無さだッ!


 いっぽう刃牙にデカい顔をさせたくないと、近所から最凶不良少年たちが集結するッ!
 これも、シンクロニシティなのか!?
 でも、刃牙にナイフや通販分銅、拳銃などは通用しないのだった。
 みなさん味のある不良だったけど しょせん町のチンピラだったな。

 大型ナイフの人はズボンにじかにナイフをしまっていた。
 それだとチン●の先をブッた斬るんじゃないか心配だ。
 ナイフは大型だが、あっちは小型で当たり判定が極小なんだろうか?

 分銅なんですが、連載当時だと通信販売の意味合いがちょっと違う。
 当時は週刊チャンピオンの広告とかに「ピラミッドパワー」とか「開運ネックレス」「飲むだけで筋肉がつくマッスルプロテイン」みたいな、ちょっと怪しげな通信販売グッズがありました。
 分銅もたぶんそこで買ったんでしょうね。
 だから指摘されて、ちょっと焦っている。
 それがワカる刃牙も怪しげな広告をじっくり見ていたのだろうか?

 いまならアマゾンとかで誰もが普通に通信販売を利用している。
 あの分銅の人もアマゾンで買って「アルミ缶はもちろんスチール缶も簡単に穴があいて、威力は文句なしの☆5です。ただ、『闘人烈伝―格闘小説・漫画アンソロジー』での描写通り、素手でチェーンを持つと手が切れて血だらけになりました。別に皮手袋を買う必要があって、その分マイナス1で☆4です」みたいなコメントを残しているのだろう。

 曲芸ナイフの人は仲間二人が圧倒されたのに、曲芸を続けるところが、芸に命かけている感じがしますね。
 連載時からずいぶん経つんですが、アニメになって初めて、この人が爪を伸ばしていることに気がつきました。
 これはナイフで戦い、絶対に拳をにぎらんッ! という決意の表れだろうか。
 やっぱ、芸に命かけてんな。

 そして、刃牙の前にスペックが出現するッ!
 5人の死刑囚の中でも、イチバン頭がおかしい感じだ!
 刃牙は昔から油断する傾向があったんですが、もうスキを突かれまくりだよ。
 「愛する者の手」と言われたら、そりゃ動揺するだろうけど。

 刃牙はアレを だれの手だと思ったのだろうか?
 ゴツイから彼女の梢江ちゃん(エンディングに出てくる女の子)では無いとワカっただろうに。
 いや、「梢江ちゃん、いつのまにこんな手に!?」と思って呆然としていたのかも。
 刃牙は下手に頑丈だから普通人なら一発ごとに死ぬような打撃を受けても、彼女の手について考え事をする余裕があったのかもしれない。

 スペックはいったん捕まるものの、余裕で脱走して買い物をする。
 園田警視正も驚愕するフリーダムさだ。
 潔癖な現代っ子なんで、あんだけ大量の尿をしたあとの洗っていない手でつかんだ中華まんじゅうを食わされるのはカンベンして欲しい。
 いや、それ以前の問題なんですが。
 とにかくスペックは異常行動が多すぎる最凶死刑囚だ。


 スペックの大暴れをテレビニュースで見ていた男こそ、地上最強の生物・範馬勇次郎だッ!
 さすが勇次郎、テレビを見る姿も地上最強ッ! というか独特すぎて変人っぽい。
 わりと日常の生活で自然と身体を鍛えちゃう人なんだろうか?
 FBIにはワカりやしねェとカッコいいこと言っています。
 でも、連載時からずいぶんたった今だと、実は勇次郎もわかっていなかった事が判明している。
 けっきょく、偶然に同時多発するからシンクロニシティなんだよね。

 最凶死刑囚の一人である猛毒・柳龍光は地下闘技場戦士である達人・渋 川剛気のところへ来ていた。
 渋川さんの左目を奪った男が柳だったようだ。
 これは因縁の対決かッ!

 だが、達人・渋川剛気は最大トーナメントでジャック・ハンマーに敗北したばかりで魅力が落ちている。
 ジャック・ハンマーも範馬勇次郎の子だ。
 範馬の血という努力では、どうにもならない差を見せつけられて渋川さんは凹んでいた。
 その敗北が達人を弱くしてしまったのだろうか?

 柳は、あえて殺気を出さない行動からの奇襲で渋川剛気を圧倒する。
 達人にとって屈辱の二連敗だろう。
 やはり最凶死刑囚はあなどれない。


 実戦空手の雄・神心会では、愚地克巳と烈海王が3分組手をしていた!
 二人とも地下闘技場戦士にして、準々決勝で激突している。
 超人的な身体能力を持つ愚地克巳は空中での姿勢維持もうまく、強く軽やかに動く。
 対する烈海王は中国武術の達人らしく重厚に受け、反撃する。

 この3分組手は刃牙シリーズにおける隠れた名勝負なんですが、見事な動きだ!
 トーナメントでは克巳が前の試合で何か所も骨折するようなダメージを負っていた。
 負傷があったから短期決戦を狙おうとして、逆に一撃で倒されたのかもしれない。
 ベストコンディションで慎重に戦えば、今回のような攻防が続いたのだろう。
 ただ、ダメージの差をみても、やっぱり烈 海王のほうが強そうですが。

 最大トーナメントは、トーナメントだけに優勝者である刃牙以外が全員敗北した。
 みんな最近、敗北を知ったばかりである。
 敗北を知りたいとうそぶく死刑囚たちと逆の立場だ。

 その敗北をどう受け止めて立ち上がるのか?
 愚地克巳の出した結論は「自分を倒した相手に教えをこう」だった。
 天才と言われプライドの高かった克巳だが、強くなるため謙虚になっている。
 その内面ではどんな葛藤があったのだろうか?

 とにかく克巳は強くなるため、烈海王に頭を下げたのだろう。
 さらなる努力を決意した天才は強くなるに決まっている。
 実は最大トーナ メントで一番成長したのって愚地克巳だったのかもしれない。

 でも、克巳がどうやって烈を口説いたのかも気になりますが。
 大会後の懇談会とかで話しかけたんだろうか?
 烈は烈で範馬刃牙に敗北している。
 負けたまま国元に帰ることなどできないという意地があるのかも。

 敗北を知りたい死刑囚たち黒格闘技と、敗北を乗りこえたい白格闘技が激突する。
 愚地克巳と烈海王の前に登場したのはドリアンだッ!
 これは流血の予感がするぞ。

2018年7月15日
#3 来た! 来た!! 来た!!!

 心神会道場に死刑囚ドリアンが襲来するッ!
 独歩が去ったあと最高責任者となっている愚地克巳が対応するが、ドリアンの卑怯攻撃に翻弄されてしまう。
 ドリアンは攻撃の前にいちいちフェイントというか卑怯技を挟んでくる。
 まるで必殺パンチの前に撃つジャブのようにッ!
 ある意味で基本に忠実な攻撃なのかもしれない。

 克巳の身体能力や戦闘能力は高いのだが、こういう卑怯攻撃に弱かった。
 試合には強いけど実戦経験が少ないってことだろうか?
 でも、克巳はラグビー選手に喧嘩を売ったりして実戦経験を積んでいたんですよね。
 克巳がダメというより、ドリアンの卑怯がスゴすぎるという事だろうか?

 そして、克巳のカタキを討つべく烈海王がドリアンの前に立ちふさがるッ!
 いちおう克巳の顔を立てて戦闘中には乱入しなかったが、道場破りを生きて帰すほどお上品じゃないッ!
 バキ外伝『ゆうえんち』の世界ですな。

 中国でも武術道場のシステムは似たようなものでしょうし。
 昔から学問・思想の研究グループってのがあり、よそのグループに行くときは名刺を持って行って取次ぎを頼むのが礼儀だったようですし、武術界も似たようなものだったのだろうと。
 ウィキペディアの名刺では発祥は中国の後漢とありますが、前漢と後漢の間に存在した新の皇帝王莽も名刺を使っていた記録がある。
 特定のグループに参加するには、それなりの手続きをして参加するというマナーが形成されるのだろう。
 後漢末ぐらいになるとマナーが一回りして、あえて無礼な振る舞いで注目を受けるというパフォーマンスが流行ったりしますが。

 本当ならドリアンを集団でボコりたいのだろうが、烈海王はタイマン勝負を挑む。
 武術家としての誇りだろうか?
 蛮勇・魔拳などと言われる烈海王ですが、わりと真面目なんですね。

 烈はドリアンのヒゲの毛針による奇襲にも対応する。
 この辺は武器も多用する中国武術の経験が活きているのだろう。
 だが、ドリアンの火炎放射で逃げられてしまった。
 火に弱いって、野生動物かよッ!
 怒りのあまり、ふたたび床板を踏み抜く烈海王であった。


 いっぽう刃牙は人生初の身体測定にチャレンジするッ!
 これが初めてってことは、今までサボっていたんでしょうね。
 刃牙は規格外すぎる肉体をもっているが、スポーツ向けじゃ無いんだよな。
 しかし、それでも やっぱり、不器用にもほどがあるぞッ!
 こりゃ日常生活でも大変だろうな。
 伝説の中で生きる刃牙には、日常が狭すぎるのだ!

 刃牙はワザとやっているかのような失敗っぷりを披露する。
 もう少しパワーを押させるとか、コントロール重視できないんだろうか?
 不器用を通りこして、一流エンターテインメントの域に達している。
 しかも無自覚の芸だもんな。
 そりゃ、体育の先生も刃牙を認めるワケだ。(なんか違う)


 その頃、地下闘技場戦士である猪狩完至は新人戦士・館岡を徳川さんに紹介していた。
 そこへ死刑囚シコルスキーが襲来する!
 これで5人の最凶死刑囚が東京にそろったッ!

 シコルスキーは近くにあるナイフや灰皿を利用しつつ、己の肉体でトドメをさしている。
 中高一本拳あるいは中指一本拳と呼ばれる拳の握りで相手の肉体を刃物のように斬り裂くッ!
 コイツ、素手でも強ぇえッ!
 ロシア人なのにッ!(刃牙世界での偏見)

 単純な身体能力や技術を比べると、猪狩はそれほど強くない。
 だが、勝つための執念と卑怯な手段も容赦なく行う点については最高級の人間だ。
 その猪狩が出しぬかれたッ!
 シコルスキーは単純に強いというより、したたかに卑怯で強いロシア人だッ!


 という事で最凶死刑囚5人が日本に集結した。
 それに呼応するように、地下闘技場戦士5人が集められる。
 範馬刃牙、渋川剛気、烈海王、愚地独歩、花山薫だッ!
 ドリアン、ドイル、シコルスキー、スペック、柳の最凶死刑囚5人と激突必至である。
 はやくも渋川さんが柳への敵意を燃やしているぞ!

 戦士たちが集結し、激闘の始まりを予感させる。
 コイツらは、ここで戦うのか!?
 次回へ、つづく。

 顔見せが終了し、ついに死刑囚が全員集合だッ!
 死刑囚同士で戦わせても面白いと思うのだが、徳川さんはあくまで白格闘vs黒格闘が見たいようですね。
 やっぱ、このジイさんが一番の悪かもしれない。

2018年7月22日
#4 死闘開始!!

 ドリアン、ドイル、、シコルスキー、スペック、柳龍光の最凶死刑囚5人が東京へ終結したッ!
 迎え撃つのは、範馬刃牙、渋川剛気、烈海王、愚地独歩、花山薫たち地下闘技場戦士5人だッ!
 これより、今この場からルールも場所も時間も縛られない死闘が開始となるのだ。

 渋川さんは柳への対抗意識をムキ出しにしているぞ!
 最大トーナメントでジャック・ハンマーに負けた後はかなり凹んでいたので、ずいぶん差がある。
 この差は相手の実力差によるものだろうか?
 ジャックは範馬勇次郎の子であり、最強の遺伝子をもつ戦士だ。
 種族の差と言っちゃっても良いような格差がある。

 でも、柳に負けたのは油断という 部分が多い。
 達成可能で身近な目標のほうがヤる気が出やすいという事なのかも。
 柳に敗北したことで渋川剛気は再生へ向かって動きだした。
 今度は柳が狙われる側だ。
 でも、それは武術家である渋川剛気が暗黒面に堕ちるという事かもしれない。


 愚地独歩はドリアンと路上で勝負開始となる。
 烈海王もドリアンと戦いたがっていたが、そこは独歩が一枚上手ってところですね。
 だが、ドリアンはそれよりもさらに上手で卑怯だったッ!
 やっぱり未知の武器や戦術ってのは初見殺しなんだよな。

 独歩が攻撃するスキをついて、ドリアンは極細のアラミド繊維を仕掛け、独歩の左手を切断する!
 首を持っていかれなかったのはラッキーだったか。
 いや、敵の反撃を警戒するのが武術の動きだから、自分の急所は敵から遠ざけるかガードするのが基本だろう。
 だからこそ、攻撃に使用する手足という末端を狙うしかなかったのかも。

 武神・愚地独歩は左手を失ったぐらいじゃ揺るがない!
 無いほうの手で殴るというファンタスティックだッ!
 独歩も常人を超えた人間だな。
 英語発音の美しいドリアンは独歩に逃げられてしまう。
 あと、烈海王はどこへ消えたのだろうか?
 独歩を追いかけたけど、慣れない国だから迷子になっているのかもしれない。


 シコルスキーに傷を負わされた猪狩は復讐にあらわれる。
 不気味なレスラーを二人連れてシコルスキーを拉致監禁だッ!
 だが、それもシコルスキーの誘い受けだった。
 シコルスキーの力技であっさり逆襲されてしまう。

 最大トーナメントの猪狩は用意周到な卑怯で刃牙を追いつめた。
 でも、現在の猪狩は行き当たりばったりだ。
 猪狩は刃牙と戦うことでデビュー戦の気持ちを思いだしたりして、心にキレイになっちゃったのだろうか?
 良い人になると弱体化現象ですね。

 昔の猪狩ならシコルスキーが土下寝しているところに上から重量物を落としたりしたんだろうな。
 ついでにフランスから呼びよせた斗羽さんとかも落としそうだ。
 せっかくのホーム勝負なのに助っ人が二人と言うのも少ない。
 助っ人は二人までと言う謎のこだわりでもあるのだろうか?


 範馬刃牙は梢江ちゃんとデートをする!
 これも何かの限界を超えるための試練だッ!
 しかし、刃牙はなぜか不良によく絡まれる。
 とりあえず強さを隠すことはできるようになったようだ。

 だが、刃牙と梢江のデートをつける不気味な影が……
 スペックが見てたッ!
 この人は死刑囚でただひとり留置場にいるのに、本当にフリーダムだ。
 刃牙は愛する人を守るため、さらなる進化を遂げることができるのかッ!?


 刃牙たちが死刑囚と顔見せを終わらせたという事で本格的に死闘開始だ!
 ところで、死刑囚たちはそれぞれ性格や行動が違っている。
 元FBI捜査官ロバート・K・レスラーFBI心理分析官』『FBI心理分析官2』によると連続殺人犯には「秩序型」「無秩序型」の二つの傾向があるらしい。

 完全に適用できるものでも、学術的に定義されたものでもなく、捜査官が犯人を捜すさいの手がかりにするための概念だ。
 大雑把にいって「秩序型」は計画的で、「無秩序型」が無計画な犯人という傾向らしい。
 「秩序型」は移動手段に自分の車を使い、武器は事前に用意する。
 「無秩序型」は衝動的に犯罪を犯し、その場にあるものを武器にすることが多い。
 「秩序型」は家庭をもったり会社勤めしている場合もある。
 「無秩序型」は精神的におかしい場合が多く、定職につかなかったり犯罪歴がある場合が多い。

 この考えを当てはめると、ドリアンはほぼ「秩序型」だ。
 目的をもって神心会にやってきて、アラミド繊維やアルコールを用意していた。
 踏み抜いた床板を使用しているのが「無秩序型」的だが、ほぼ「秩序型」の殺人者と言える。

 ドイルはほぼ完全な「秩序型」殺人者だ。
 今のところ武器はすべて持参している。
 脱獄時の言動もドイルが計画的に行動している事を裏づけているだろう。
 そうなると、ロブ・ロビンソンを狙ったのにも何かの計画があるって事になりそうだが……
 アレだけは気まぐれだったのかも。

 シコルスキーはほぼ「無秩序型」だ。
 自分の拳を武器として防弾装備をしているが、ナイフや灰皿など、その場にある物を武器にする。
 人の誘いにホイホイのっちゃうのは、やっぱり「無秩序型」らしさかもしれない。
 「無秩序型」の条件がそろっているだけに、実はシコルスキーって相当頭のおかしい人なのかも。

 スペックはものスゴい「無秩序型」だ。
 計画性がほとんど無い。
 途中で手にした金田巡査の手を使うなど、その場のアドリブで武器を使っている。
 やっぱり、スペックがNo.1に頭のおかしい人だろう。

 柳龍光はやや「秩序型」と言ったところか。
 武器は事前に用意するが、その場にあるお湯を武器にするなど「無秩序型」な所もある。
 身体を鍛える武術家ってのは計画性が必要だ。
 そういう意味で柳龍光は「秩序型」の傾向があるのだろう。

 死刑囚の中でもっとも「無秩序型」と言えるスペックが真っ先に挑んでくるというのは、ごく自然なことなのかもしれない。
 スペックは、ほぼナニも考えず暴れるだけだ。
 他の死刑囚たちは負けないための工夫をしているけど、スペックは天然だもんな。
 だから刃牙と梢江のデートに遭遇したのも偶然なんだと思う。
 なんという偶然かッ!

2018年7月29日
#5 まだやるかい

 刃牙と梢江の歴史的な初デートにスペックが出現したッ!
 先日、スペックは刃牙を何度も殴ったが、普通に歩いて帰る程度のダメージしか与えられていない。
 暗黒の破壊者であるスペックにとって、倒しきれなかった相手として刃牙が気になっていたのかも。
 スペックの行動は無秩序型なので、普通に夜食を調達に出たら偶然に出会っただけかもしれないが。

 刃牙はスペックに気がついていたけどデートを優先するッ!
 それ、危機意識としてどーよ!
 梢江ちゃんを巻き込まないことを第一に考えていただきたい。
 だが、刃牙たちの初デートを守ったのは花山であった。
 花山 がこの場にいたのは偶然なんだろうか?

 4話で顔合わせをしたときに、刃牙はトーナメント優勝者と紹介された。
 どうせ喰うなら美味い飯だ、とチャンピオンの刃牙が狙われるのは自然じゃッ!
 で、あれば刃牙がデートをするときに身辺警護を花山に頼んだ可能性もあるかも。
 真相は謎のままですが。

 刃牙は梢江とのデートを続行し、スペックを花山に任せる!
 刃牙の脳内では「友情 < デート」という優先順位なのかもしれない。
 いや、ここは花山を信頼してあえて丸投げしていると思っておこう。

 とにかく任された花山は刃牙の初デートのためスペックとの死闘を開始するのであった。
 早速、花山は白スーツを破り捨てるように脱ぐ。
 なんて取り返しのつかない脱ぎかただッ!

 アニメ4話では省略されましたが、徳川さんが最初にルールとして提案するのが『前田光世方式』である。
 前田光世が時のレスリング世界ヘヴィ級チャンピオンであるハッケンシュミットに勝負を挑んだ時に提案したのが、この方式だ。(刃牙道 92話
 この提案の本質は、路上で突然の戦闘が始まったら着衣のまま戦うだろうという部分にあると思う。
 裸で戦ったら、勝っても負けてもあとで困るよね!

 そんな常識をブチ破る花山の脱衣だッ!
 勝っても負けても困る 取り返しのつかない脱ぎかたである。
 この勝負にすべてを捨ててかかる花山の決意があふれる脱ぎかたなのかも。

 花山には『侠客立ち』の刺青が彫られているッ!
 これが花山家に伝わる刺青だッッ!
 『侠客立ち』の誇りにかけて、刃牙の初デートを守るッッッ!

 花山はスペックの猛攻をうける 。
 よけずに全部喰らう!
 プロレスじゃないんだから、よけるなりガードするなりやればいいのに。
 と思うのだが、これが死刑囚には正解なのかもしれない。

 死刑囚たちは敗北を知りたいとうそぶいている。
 安易な敗北ではダメだ。
 一切の言い訳も効かない完全なる敗北を望んでいる。
 だから、まず すべての攻撃を受けきる。
 お前の攻撃など通用しないと見せつけるのだ。
 どんな攻撃でも倒せない以上、キサマに勝利のチャンスは一切無いッ!

 一通りスペックの攻撃を受けた花山は攻撃の構えをとる。
 いくら攻撃を受けても動じない花山が反応したことで、スペックは逆に安心したのかも。
 スペックも本気の本気となる必殺技を出す構えをとる。
 自由の女神を破壊した、神殺しの無呼吸連打だッ!
 5分間息継ぎなし、切れ目なしで撃ち込まれる連打には反撃のスキもチャンスも無いッ!

 反撃するスキは無いんだけどムリヤリ反撃しちゃうのが花山です。
 身に刻まれた斬り傷や銃創は、花山が敵の攻撃で止まるような男じゃないと物語っている。
 花山薫は、殴られながらも、殴る男だッ!
 無呼吸連打で殴られて、されど倒れぬ"侠客立ち"!

 スペックのほうも頑強な肉体には自信があった。
 対テロ機動部特別機動隊の鉄鋼弾を喰らってもスペックは暴れ続けてる。
 攻撃を喰らいながら反撃するというのは花山もスペックも同じだった。
 つまり、スペックは花山の耐久力を過小評価して、自分の攻撃力を過信していた訳だ。
 花山は攻撃力でも防御力でも、スペックより強いッ!

 スペック自慢のタフネスも花山のパンチには通用しないぞ!
 そりゃ天才空手家である愚地克巳が「受けが通用しない」と言ったほどの威力がある花山パンチだ。
 花山は一発ずつ殴りながら「まだやるかい」と聞く。
 この辺も相手を肉体的ダメージで倒そうとするスペックと、相手の闘争心を折ろうとしている花山の違いだろうか。

 素手で戦うことは相手を気づかってのことじゃない。とスペックは言っていた。
 だが、素手での戦いは花山のほうが圧倒的に上だと思い知らされる。
 追い詰められたスペックは、ふたたび武器に頼った。
 隠しもっていた拳銃の弾丸を花山の口の中で爆発させるッ!
 普通ならこれは死ぬようなダメージだろうけど、花山薫ならばあるいはッ!
 と言うところで次回につづくのであった。

2018年8月6日
#6 片平巡査の報告書

 花山vsスペックは新たな局面に移る。
 素手での攻撃は神殺しと言っていたスペックだが、攻撃力も耐久力も花山にかなわない!
 追いつめられたスペックは盗み取っていた拳銃の弾丸を使って反撃に出る。

 口の中で拳銃弾を爆発させられた花山は、頬の肉が吹っ飛び血涙を流す。
 これはさすがに放送コード破りの大ダメージだッ!
 NETFLIXではそのまま表示だけど、地上波じゃ頬になぞの黒いカバーがついちゃっている。
 さすがに、こりゃ海苔ベッタリですね。

 神殺しの無呼吸連打でも倒れなかった花山だが、放送コード殺しの爆発で大ダメージだ。
 だが、しかし、花山は倒れない。
 立ったまま、喧嘩続行だッ!
 攻撃を仕掛けたスペックのほうが怯えているぞ!
 これがッ、超A級喧嘩師・花山薫だッ!
 花山の危篤やむなしパンチにスペックは吹っ飛び感電・気絶するのであった。

 いっぽう梢江とデート中の刃牙は爆発音を聞くが、スルーした。
 花山を信頼しているからこそのデート続行ってことだろうか?
 人に任せた喧嘩の様子を見に行くのはヤボってやつですかね。
 あとでお礼を言いに行こうな。
 お土産はワイルドターキー、カステラ、アイスクリームの三点セットで挑んでいただきたい。

 花山もダメージが大きく両者ノックダウンかと思われたが、花山はきっちり回復して警視庁までスペックを届けに来てくれた。
 フンドシ一丁でここまで来たのかッ!?
 タクシーは使っていないみたいだし、歩いてきたっぽいな。
 Twitterとかのフンドシお化け目撃情報を時系列に並べると移動経路がわかりそうだ。
 とにかく、ヤクザではあるが警察へのお手伝いをした花山であった。

 ここからは、ドライバーを勤めた片平恒夫巡査(34)が証言をする。
 スペックは生きていた!
 いや、もちろん死んで無かったんだけど、気絶していなかったらしい。
 花山が目をはなしたスキに暴れだして、警察官たちからありったけの武器や道具を奪い反撃に出た。

 ここでスペックは死んだフリからの奇襲をした。
 正面からの殴り合いだと花山にはどうやっても勝てない、と思い知らされたのだ。
 銃弾を使用(つか)っても勝てなかった。
 ならば、もっと武器を増やして奇襲するしかない。
 スペックは逆襲しているようだが、追いつめられているとも言える。

 警棒で殴打し、拳銃で撃つ!
 さらに試し割りのトリックを応用した踏みつけ攻撃だ!
 某空手団体の方が喧嘩における一撃必殺だと言った方法である。(板垣恵介の格闘士烈伝 P192)
 だが、スペックがトドメに選んだ攻撃は拳銃だった。
 やっぱり素手の攻撃力に自信を無くしている。

 激しい打撃で朦朧としている花山は、ここで過去の風景を思いだす。
 地上最強の生物・範馬勇次郎に手も足も出ず敗北した、あの時だッ!
 たとえ万全の状態であっても、単純な腕力で勝てない。
 そう思い知らされ、屈辱の涙を流した。

 花山は最大トーナメントで愚地克巳に敗北している。
 さらに控室の乱闘でガーレンに気絶させられた。
 だが、それらの敗北に屈辱を感じていないようだ。
 範馬勇次郎に心折られたあの事件こそが、花山にとって忌むべき敗北だったのだろう。

 あの時に比べたら、今の状態は絶望でもなんでもない。
 屈辱を力に変えるッ!
 花山は、あえて頬を撃たせることで致命傷を避け、反撃にでた。
 あくまで素手で戦い、不意打ちもしない。
 正面から殴る!

 道具を使いつづけて、それでも勝てないスペックは最後にまた肉体にすがった。
 だがパワーでなくテクニックだ。
 裸締めという技術にたよった。
 やっぱりパワー対決じゃ花山に勝てないと思い知らされたのだろう。

 だが、花山のパワーはさらにその上を行く。
 人間の技術を無効化してしまうほどの超筋力を発揮した。
 測定不能な握力による、握撃だッ!
 さらに、超シンプルな肉つまみでスペックを完全に沈黙させる。
 拳銃で何度もヒザを撃たれるも、されど倒れぬ"侠客立ち"!

 花山が勝利の雄叫びをあげる!
 いや、花山はそういうキャラじゃ無いかもしれないが、見ているこっちが雄叫びをあげたくなってしまう。
 実は目撃者の片平恒夫が雄叫びをあげていたのかもしれない。
 なにしろ、この光景は片平恒夫の報告から再現した物なのだから。

 敗北したスペックは、満足そうな表情で一気に老化するのであった。
 望みである敗北を知って満足したのだろうか?
 必死になって抵抗してすべて出し切ったけど敗北した。
 やりきったという満足感があるのかもしれない。

 しかし、スペックはなぜ敗北を望むようになったのだろうか?
 その辺の謎は謎のままだ。

 スペックを花山に押しつけた刃牙は学校でテストを受けていた。
 っと、そこへドイルが乱入だッ!
 ドイルの戦闘をみると秩序型の行動をしている。
 今回も刃牙の通う学校と教室を調べたうえで乱入したのだろう。

 対する刃牙はいきなり号泣してフェイントとし、机ごとドイルに蹴りを放つッ!
 机を武器とし、またドイルの反撃を防ぐ盾にもしている。
 まさに攻防一体の攻撃だ。
 さらに直前に号泣するというフェイントも見事である。

 号泣によるフェイントは、最大トーナメントで猪狩が刃牙に仕掛けたものだ。
 刃牙は猪狩の攻撃に苦戦したので、ひそかにマネて練習していたのかもしれない。
 猪狩が卑怯技を減らしてシコルスキーに敗北したのと正反対だ。
 これが勝者と敗者の差なのか?

 とにかく、現在の刃牙は強いだけでなく卑怯もイケる!
 最凶死刑囚ドイルの凶刃も卑怯にかわしそうだ。
 方向性として花山の戦いと逆なんだけど、それでドイルの心を折ることができるのか!?
 チョット心配なまま次回へつづくのであった。

2018年8月13日
#7 最強タッグ

 互いにすべてを出し尽くした花山vsスペックの死闘が決着する。
 いっぽう刃牙はスペックを花山に押しつけて、自分のデートを続行した。
 その後、花山に礼を言ったのかどうか気になるところだ。
 とりあえず刃牙はまだ高校生なのでテストを受ける必要があったりする。
 だが、そこへ最凶死刑囚の一人ドイルが襲来するのであったッ!

 教室という場は刃牙のホームと言える。
 だが、級友たちを戦闘にむワケにいかない。
 防衛条件が発生するぶん、戦いにくい場所だ。
 刃牙にとってココは不利か!?

 刃牙は机を武器にした不意討ち攻撃をドイルに決めるッ!
 その場の物を武器に変えた刃牙のファイトスタイルに触発されたのか、ドイルもカッターやコンパスを手にした。
 攻撃を受けると、同じ攻撃を返したくなる傾向が人にはある。
 ドイルも刃牙に先制攻撃を受けて、少しは動揺しているのかも。

 だが、刃牙は戦闘を避けて逃げだす。
 逃げるのッ!?
 教室の同級生たちを置いとくのはヤバくねッ!?
 だが、無秩序型で行動の読めないスペックと違い、秩序的に行動するドイルは無差別殺人を行う可能性が少ないだろう。
 教室内で戦うよりも被害は小さいか。

 武の世界では逃げるが勝ちという価値観もある。
 最強剣豪とも言われる塚原卜伝は、ケンカを売ってきた相手を島に置き去りにして戦わずに勝った。
 どうもヤル気の無さそうな刃牙だが、武術的な腕前は上がっているようだ。
 花山にスペックを押しつけたのも、俺の勝ちだと思っていたりして。

 刃牙に逃げられたドイルは乾いた笑いをもらすしかなかった。
 ドイルがわりと冷静な人で良かったな。
 これがスペックだったら腹いせに教室で大暴れしていそうだ。
 ドイルはバキ世界では貴重な美形だが、死刑囚のなかでは穏やかな方で出番が少ないのかも。
 しかし、せっかくの美形枠なのにアニメのドイルは調子が悪いとストッキングをかぶって上から引っ張ったみたいな顔になる時がある。
 次回は調子が良いことを祈って置こう。


 ドイルから逃げた刃牙だが、今度は最凶死刑囚の柳龍光に襲撃される。
 チャンピオンだから大人気だな!
 今日の柳はヒモつき鎌を武器としている。
 鎖のついた鎖鎌は鎖のほうを振り回し、鎌を近接武器として使うのが一般的だ。
 柳の鎌はヒモなので重量が無いから鎌を振りまわすスタイルになるのだろう。

 本格的な武器攻撃は素手の速度・威力を大きく上まわる。
 素手の刃牙はシャツに鎌をからませて武器を封じた。
 武器の封じかたとして上手い手段だ。

 そこに渋川剛気も乱入してくる!
 今までずっと柳を狙ってヤカン持参で様子を見ていたんだろうな。
 この執念深さがあるから渋川剛気は達人の域までのぼりつめたのだろう。
 そして、まだまだ強くなる気っぽい。

 柳をヤカンで挑発し、カウンターを取る!
 ただ卑怯なだけでなく、達人の技+卑怯だ。
 いまの渋川剛気は強いぞ!

 もちろん柳だって大人しくやられていない。
 反撃のバグ・マク攻撃だッ!
 やっぱり武器を用意しているところは秩序型の犯罪者ですね。
 それと奥歯がスリ減るほどの鍛錬をしているのも強さの秘密だ!

 だが、渋川剛気は刃牙とコンビを組んで最強タッグ結成とする!
 さすが達人だ。使えるものは何でも使う!
 超一流の戦士が二人がかりで攻めるッ!

 だが即席コンビだから ちょっとチームワークが悪い。
 刃牙がちょっと卑怯になれていない感じか。
 これが渋川・独歩コンビだったら際限なく卑怯になる恐るべきコンビになるんだろうな。

 そして、追いつめられた柳は必殺技を使う気になる。
 猛毒と称される、柳の秘技だ。
 刃牙は渋川さんに何度も「気をつけろ!」と言われるが、やっぱり喰らってしまう。
 本当に刃牙は油断が多い。
 どれだけ警告しても刃牙は油断しちゃうんだろうな。

 柳の必殺技である猛毒の正体は低酸素だったッ!
 低酸素と真空は別物だ。だから低酸素を作るのはちょっと違う感じがする。
 でも、低酸素を吸うとイッパツで気絶するのは本当らしい。
 どっちかと言うと打撃戦よりも、寝技や組み技の近い間合でやられたら怖い技だよな。

 柳はご丁寧に技の解説をしてくれる。
 一回見せたら、原理はともかく技の入りかたがワカるので対応できそうだ。
 ならば解説して技の脅威を強調してビビらせるつもりだろうか?

 渋川さんは渋川さんで、コンビプレイが下手な刃牙を柳にぶつけて能力をあばく気だったのかも。
 おかげで柳の必殺技を見ることができた。
 もっとも、柳も低酸素の毒は対策されそうだから、別の技を用意しておくのだろうけど。

 油断して柳の攻撃を喰らってしまった刃牙だが、すぐに目覚める。
 この回復力がタダ者じゃない。
 半日は起き上がってこないと柳は言っていたが、刃牙の目覚めを知ったら自信を無くしそうだ。

 勝負に負けた刃牙だが、最終的な負けじゃないぞ。
 そして、労せず必殺技の情報を得た渋川剛気が今日の勝者だな。
 さすが達人、戦いかたまでも達人だ。
 刃牙もこういう所を学んだほうが良いぞ。

2018年8月19日
#8 試合と本番

 最強死刑囚5人のうちスペックを花山が倒し、他の死刑囚たちとの第二ラウンドも終わった。
 と言う切りの良いところだからか、徳川邸にて反省会だ。
 反省会なのかッ!?
 スペックは倒したんだし、祝勝会でもイイのに。

 花山がスペックに勝ったものの、他のみんなは死刑囚たちに苦戦している。
 刃牙たち地下闘技場戦士たちはルール無用というか、喧嘩でもおくれを取るような戦士じゃないと信じていたのにッ!
 徳川さんの言うことは かなり勝手だけど、ワカらんでも無い。
 だが、やっぱり勝手だよな。

 基本的に刃牙たちは襲撃される側だから、イロイロと不利だ。
 不利だとワカったうえで勝負して苦戦しているんだから仕方がない。
 相手の手の内がワカってきたので、今後の逆襲にご期待くださいって感じなんだけど。
 とくに渋川剛気は刃牙を当て馬にして柳の能力を知ったので、次こそ勝てると考えていそうだし。

 逆に刃牙は柳に敗北して自信を無くしているようだ。
 どっちかと言うと刃牙は渋川さんの犠牲者なのかもしれないが。
 刃牙は基本が強すぎるので油断と甘さがあって丁度いいぐらいだ。
 敗北を期に甘さ控え目になれば、それだけで強くなるだろう。

 だが、やっぱり襲撃してくるのは死刑囚のほうだった!
 ガソリン持参で徳川邸にドリアン登場だッ!
 焼き討ちによる範囲攻撃で一網打尽にする気か!?
 いや、ドリアンのことだから目につくガソリンは撒き餌で、本命の攻撃がありそうだ。

 だが、そのドリアンを背後から襲撃する男がいた。
 無精ヒゲでワイルドに生まれ変わった愚地克巳だッ!
 ここにも敗北を知ることで強くなった格闘士がいる。

 新生・愚地克巳は容赦しないッ!
 克巳は花山薫と戦って一皮ムケた。
 おなじくドリアンとの勝負で、克巳はさらに一皮ムケたようだ。
 克巳の皮はどれだけムケるんだろうか。

 愚地独歩は勝つことが空手の目的だが美意識が足りないと言う。
 手になにも持たぬ武術が空手だから、最初から武器を用意しているのは美しくない。
 もともとの空手、琉球の武術である唐手あるいは手は武器を前提とした戦闘技術だ。
 日本本土に伝承する過程でいろいろと変化し、素手のこだわりと言う美意識が根付いたのだろう。

 裸の人間は動物としてかなり弱い。
 武器を使用して初めて他の動物と戦えるようになるぐらい弱いのだ。
 だからこそ、素手での強さを極めるというのは種にとってのロマンなのかも。
 範馬勇次郎が恐れられつつも敬意を集めているのは、素手で最強を具現化している部分も大きいと思われる。

 独歩の美意識に反するような男がさらに乱入してきた。
 神心会のデンジャラスライオン加藤清澄だッ!
 死刑囚たちと同じく、不意打ちも武器攻撃も容赦なく行う超実戦空手の漢(おとこ)である。
 ヤクザ世界の武器ありケンカを経験してきたからラフファイトに強いのだろうが、ドリアンにも通用するのか?

 とりあえず加藤は、テグスによる攻撃でドリアンの耳をそぎ落とす!
 『獅子の門 群狼編』(AA)の竹智 完が使用した凶器だ。
 耳だから即死しないし、戦闘能力ダウンも少ないだろうが、精神的なダメージがデカいだろうな。
 そりゃ断面図が真っ黒になるほどのショックだよ。

 もっとも、今回はみんながよってたかってドリアンを蹴りまくっている。
 なんどダウンしても許されずに蹴られつづけるドリアンさんは、さすがにチョット気の毒だ。
 と思わせておいて、繊維や手榴弾でドリアンは反撃する!
 やっぱり武器をしこみまくっていたか。
 ガソリンは本命の武器じゃ無かったっぽい。

 ドリアンは燃やされても無事だった。
 計画的に行動する秩序型のドリアンは耐火性ジェルなどをあらかじめ身体に塗っていたのだろう。
 放火をする者は、自身も火傷をする危険性があるのだから。
 むしろ、克巳に引火しないか心配だったよ。
 ガソリン浴びたドリアンにマウントポジション取って股間がガソリンまみれになっていたんだし。

 とにかくドリアンは脱出し、隠れ家へと移動する。
 もともと巨体で目立つが、変質者っぽい着こなしがさらに目立っているぞ!
 隠れる気があまり無いらしい。
 むしろ隠れるのは無理で無駄だと割り切っているのかも。
 これなら後をつけるのも容易だろう。
 そして、ドリアンつけていたのは加藤だった。

 マンホールの蓋は昔は80kgぐらい、最近だと40kgぐらいの重さがある。
 加藤だって、そのぐらい持ちあげられるのだ。加藤は、力強いぞ!
 それと、みんなに蹴られて焼かれた後なんだし、今のドリアンは弱っているだろう。
 加藤には、そういう勝利の計算があったハズだ。
 虎穴に入らずんば虎子を得ず。危険(デンジャラス)を冒してこその獅子(ライオン)ですよ。

 だが、ドリアンのダメージは見た目より少なかった。
 オマケにあの場では実力を隠していたが、ドリアンは本格的な中国拳法の使い手だ。
 かなり危険(デンジャラス)な状況になってしまった加藤だが、ドリアンとどう戦うのか?
 次回も、デンジャラスライオンだッッ!

2018年8月26日
#9 神心会激震!!

 最凶死刑囚・ドリアンの隠れ家に侵入したのは神心会空手の加藤清澄だ!
 決して強いとは言えない加藤だがヤクザ世界で鍛えた実戦空手は、反則・凶器攻撃を得意とするドリアン相手にこそ光る!
 ……かもしれない。

 ドリアンは凶器攻撃だけでなく、中国拳法をも使いこなす。
 さらに体格でもドリアンは加藤を上回っている。
 加藤はわりとスリムな体形だ。
 ドリアンとパワー比べをしたらかなり不利だぞ。

 加藤はドラム缶を蹴り飛ばすが、ドリアンのほうが遥かに強い。
 やっぱり正面からの殴り合いじゃ勝てなさそうだ。
 でも、ドリアンも正面から戦わずに卑怯技を使うんだよな。
 互いに目潰しを狙うなど危険なバトルだが、やっぱりドリアンのほうが上手か。

 しかし、加藤はデンジャラスの中で目覚める。
 ダメージを受けすぎて脳内麻薬が出まくっているのだろうか?
 刃牙は脳内麻薬を利用して強くなったが、加藤も一皮むけるのかも。

 だが、ドリアンはさらなる卑怯攻撃から、加藤を仕留めにかかる。
 ドリアンは『オ ト ワ ラヴィ(O TOI LA VIE)』を熱唱しつつ加藤を暴行する。
 なんという人生(ラヴィ)〜〜!
 YouTubeとかにも、けっこうある名曲『オ ト ワ ラヴィ(O TOI LA VIE)』だ。
 映画『時計じかけのオレンジ』(AA)に、『雨に唄えば』を歌いながら暴行を加えるという有名なシーンがあるんですが、ドリアンはそれをマネしたのかも。

 圧倒的ラヴィ〜〜!
 狂気の支配する空間で加藤の人生が尽きようとしている。
 それも人生(ラヴィ)〜〜!
 やっぱり、声が入っているとこのシーンの不気味さはハンパ無い。
 普通の人なら心折れ、青く晴れた空を想っても堪えられなさそう。

 だが、加藤はここから奮起する!
 ここで思いだすのは師・愚地独歩のことだった。
 今が勝機かッ!?

 だが、ドリアンは加藤に催眠術をかけて逆転の目を潰すのだった。
 あらためて見ていると、ドリアンってちょっと不利になると武器や策にたよる。
 慎重と言えば慎重かもしれない。
 臆病と言い換えることもできるかも。

 鍛えられた肉体と逆に、ドリアンは精神が弱く敗北を極端に恐れているのかも。
 加藤のように無謀だろうが突っこんでいく勇気がない。
 いや、加藤はちょっと無謀すぎて勇気と言うより蛮勇だよな。
 館長ごめん、で加藤は血の海に沈む。


 神心会の道場ではひとり烈海王が鍛錬をしていた。
 発汗量がスゴすぎるので、ひとりで練習しているんだろうな。
 水族館のシャチショーじゃないんだから、そんなに液体を浴びせられても喜ぶ人は少ないぞ!(ただし、確実に居る)
 たった一人で広い道場をサウナに変える烈海王の「もわァ〜〜…」とした熱量はタダごとじゃない強さの証だな。

 烈はサンドバックの中に閉じこめられた加藤を発見する。
 神心会激震の大事件だ。
 愚地克巳はドリアンへの復讐を誓い、神心会を動員するのだった。
 日本の法律無視の私刑宣言だ。
 やりすぎるとテロ組織と思われちゃうぞ。

 独歩は横にいるけど、口を出していない。
 世代交代を意識して克巳に任せる気なのだろうか?
 独歩は加藤を気にいって鍛えようとしていた。
 だからこそ、ドリアンへの怒りが強く、冷静な判断ができないと黙っているのかも。
 イチバン怒っているのは、黙っている愚地独歩なのか?

 神心会100万人はドリアンの探索・追跡をはじめる。
 ドリアンが武器を使うというのであれば、神心会は組織を使う!
 最終的に集団でボコれば勝利マチガイ無しだ。
 だが、ドリアンは集団リンチを受けないように「空手家だからタイマン勝負しかしないよね」とクギを刺す。
 この予防線も慎重もしくは臆病なドリアンの性格なのだろうか?

 それでも危険と思われる場所にドリアンは向かっていく。
 敗北を知りたいと言うドリアンは安全を確保しようとしつつ、危険なところへ向かう。
 どうも、行動が矛盾しているというか、精神が狂っている気がする。
 いきなり歌いだすのも、脳の問題だったりして。
 それも、また人生(ラヴィ)なのか。

2018年9月2日
#10 空中決戦

 最凶死刑囚のひとりドリアンが加藤清澄を倒したことで、空手心神会が復讐にのりだす。
 なんかドリアン個人の暴力よりも、ずっと危険な感じがしますね。
 武闘派組織を敵にまわす事は、ここまで恐ろしいのか。
 心神会はドリアンを関係者が経営する遊園地に案内するのであった。

 この遊園地ではなにが待ち受けるのかッ!?
 今日は楽しませてもらうと言うドリアンは、メリーゴーランドで大喜びするのだった!
 ちがうッ!
 それ、ちがうから!
 そういう楽しみ与えるつもりじゃない!
 アンタだって、それ期待していたワケじゃ無いよね。

 いまどき小学生でもメリーゴーランドでここまで楽しんだりしない。
 はじめて遊園地に遊びにきた幼稚園児ぐらいの喜びかたをドリアンはするのであった。
 これは、楽しんじゃったモン勝ちってことなんですかね。
 心神会としてはアトラクション内を歩くだけでビクビクするドリアンの姿を期待していたんだろうけど。
 まずは心神会の計画をつぶしたドリアンの一勝といったところか。

 つづいてコーヒーカップで楽しむドリアンに心神会の末堂厚が襲いかかる。
 身長205p、体重130sという体格はドリアンに匹敵するぞ!
 コーヒーカップごとドリアンを蹴り飛ばすパワーが末堂にはある。
 加藤が技とスピードと卑怯で戦うタイプなら、末堂はパワー型だ。

「加藤清澄とは同期の桜――」
「共に砂を噛んだ間柄だ――――――」
「今日は死んでもいい」


 文字通り決死の覚悟だ!
 友情のため命がけの勝負をいどむ。
 だが、ドリアンは命をかければ倒せるほど甘い相手じゃない。
 拘束具をムリヤリ破くことができる超パワーの筋肉男であり、なぞの中国武術つかいだ。
 末堂のパワーと技はドリアンに通用するのか!?

 最初の攻防では、やはりドリアンのほうが押している。
 だが、末堂の心は折れていない。
 強いけど、この程度か、と言うレベルだ。
 なにしろ末堂は範馬勇次郎vs愚地独歩に乱入して勇次郎に殴られたけど生きている!
 そうとう身体が頑強なのだろう。

 末堂は有効打を受けたが、倒れないし、心も折れない!
 怒りのローキックで反撃開始だッ!
 タクシー運転手を倒した時とは勝手が違うと感じたのか、ドリアンは逃げだす。
 加藤の時と同じで、ドリアンはちょっと上手くいかないと策を弄するようだ。

 ドリアンが逃げた先はジェットコースターだった。
 ジェットコースターの上で末堂とドリアンが前代未聞の空中決戦となる。
 ガラス片をまぶした凶器ケンカや、ジェットコースターなど、ドリアンは危険な戦いに相手を引きこんで恐怖を与えるのが好きなようだ。
 で、相手がビビッて気をとられたスキに背後に忍び寄るのが大好き。
 正面からまともにぶつからないのがドリアン流なのかも。

 絶体絶命の窮地にあって末堂は自分が有利だと確信する。
 苦しい時に思いだすのは、いつも師匠・愚地独歩の教えだッ!
 不安定な船上であみだされた安定感バツグンの構え、三戦(サンチン)ッ!
 カヌー・リオ銅メダリスト羽根田卓也選手も足の踏ん張りに三戦を応用したらしい

 スポーツでも試合でもない、あらゆる場所で戦う可能性を考慮する武術としての空手技だッ!
 相手をビビらせて優位に立とうとしていたドリアンは当てが外れた。
 むしろ末堂のほうが優位だ。
 加藤と戦った時、ビンを逆に利用されてしまったような失敗だったかも。

 で、ちょっとでも不利になるとドリアンは策に逃げる。
 末堂を抱えて高所から飛びおりた!
 これはチョット危険すぎる。
 ドリアンには助かる算段があって飛びおりた。

 アラミド繊維はいつも役に立ちますね。
 ドリアンの得意技に、いつの間にか背後に立っているってのがある。
 あれも、アラミド繊維を使って相手の頭上をこえた移動をしているのかも。

 惜しくも敗北したが今夜の末堂は光っていた。
 加藤との友情のために戦い、独歩との師弟愛で優位にたつ。
 まさに空手・神心会を代表する戦士だった。
 なお、原作での末堂は生死不明のまま数年間放置されていたが、とくに後遺症もなく普通に再登場している。
 ちゃんと生きているんで安心してください。

 つづいて、ドリアンの前に立ったのは愚地克巳、愚地独歩、烈海王の超実力者の三人だ!
 範馬一族を除外すれば地球上で最強クラスの三人と言える。
 ドリアンが強かろうと、この三人と三連戦すれば、確実に敗北するだろう。

 と、ここでドリアンが烈海王に対しふくみのある発言をする。
 この台詞で烈海王は回想空間へと引きずりこまれるのであった。
 海王を襲名する前の烈――、烈小龍は師匠の劉海王に外国人でありながら海王の称号を得た話を聞く。
 素手で岩を砕きトンネルを作った男だ!

 ここで烈は回想を始める。
 回想中に、回想開始だッ!
 ヤング烈をさらに若くした烈ボーイが登場する。
 でも、声が同じだ!
 『グラップラー刃牙』だと、花山薫でさえ10歳のころは可愛い声だったのに。
 烈海王は烈小龍だったころからも烈海王だったんだな、と。

 烈はやっぱり修行中からハネっ返りモノと言うか、無頼の人間性と言われていたのか。
 最大トーナメントで初登場したころも激昂しやすい人だったしな。
 たぶん才能がありすぎて天狗になっていたのだろう。
 でも、劉海王は簡単に烈の技量を認めないから不満からストレスが溜まり怒ってばっかりだったと。
 劉海王は烈の強さと可能性を認めていたからこそ、安易なところで満足せず高みを目指すように仕向けたのだろう。

 それはさておき、烈海王はドリアンこそが噂の外国人海王であると確信するのであった。
 中国武術の使い手であるドリアンはハンパな実力ではなく超本格派の戦士だった。
 このタイミングで正体を明かすのは、どういう作戦なんだろうか?
 謎をのこしつつ次回につづくのであった。


● アニメ『バキ』初心者向け解説
基本編 (2018/6/21)
登場人物について1(バキ、徳川、ガーレン) (2018/6/28)
登場人物について2(ロブ、勇次郎、渋川、克巳、烈) (2018/7/5)
登場人物について3(猪狩、独歩) (2018/7/11)
登場人物について4(花山、梢江) (2018/7/18)
登場人物について5(千春、加藤) (2018/8/15)
登場人物について6(末堂、劉海王) (2018/8/29)

●バキ連載時の感想
#1 シンクロニシティバキ1話〜
#2 黒格闘技バキ7話〜
#3 来た! 来た!! 来た!!!バキ15話〜
#4 死闘開始!!バキ22話〜
#5 まだやるかいバキ29話〜
#6 片平巡査の報告書バキ36話〜
#7 最強タッグバキ41話〜
#8 試合と本番バキ48話〜
#9 神心会激震!!バキ55話〜
#10 空中決戦バキ64話〜
#11 虎殺しバキ71話〜

・おまけ 商品情報
バキ ブルーレイBOX vol.1 [Blu-ray]
バキ ブルーレイBOX vol.1

2018/11/16発売!

新装版 バキ(1): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(2): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ 3 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版 バキ 4 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版バキ 5 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版バキ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(7): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(8): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版バキ 9 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版バキ 10 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(11): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(12): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
『バキ』のアニメ化にともなって新装版が発売だ!
毎月2巻ずつ発売で、板垣先生描き下ろし新作エピソード収録(11巻以降)だぞ!
8月は9〜10巻が発売だ!

TVアニメ『バキ』OPテーマ「BEASTFUL」 (初回限定盤) (特典なし)
TVアニメ『バキ』OPテーマ「BEASTFUL」


【Amazon.co.jp限定】 TVアニメ『バキ』EDテーマ「RESOLVE」 (アーティスト盤) (複製サイン入りL判ブロマイド付)
TVアニメ『バキ』EDテーマ「RESOLVE」



キャラクター解説  ↑最新↑  バックナンバー  11話〜20話→
刃牙感想(雑談) ゆうえんち 疵面 どげせん 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)
管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします