今週のバキ外伝 疵面(スカーフェイス)感想

疵面 前回 疵面バックナンバー  刃牙 バキアニメ ゆうえんち 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク1 リンク2 TOP

2018年12月27日(4+5号)
Extra Blow:スペック戦の後

 喧嘩師・花山薫が最凶死刑囚の一人・スペックに勝利した後の秘話だッ!
 スペックによる弾丸噛ませ爆撃で頬肉がごっそり無くなった花山が病院に搬送される。
 日本では拳銃や弾丸の使用と所持は法で禁じられている。
 だが、花山組の木崎は悪びれずに弾丸を噛んじゃったと説明した。
 この病院は花山組の言いなりなんだろうか?

 日本じゃ銃がダメだからか、病院は銃創を見つけたら通報する義務があるらしい。
 今回の花山は警察の紹介できているだろうから、そのへんスルーだろうけど。
 治療費も園田警視正の奢りかもしれない。
 だから、スペックとの死闘も隠す必要ないんだろうけど、そこが花山組の奥ゆかしさかも。

 緊急手術で一晩たったらしい花山は自力退院をしちゃう。
 私も手術したことあるんですが、術後24時間は感染症や容態急変が起きないかを見るため集中治療室で寝ていた。
 栄養は点滴で、排尿は尿道カテーテルで、縫合の下で血が溜まらないようにドレーンと、全身チューブだらけになっていた。
 花山は点滴だけみたいだし、24時間以上たっているのかも。

 田中KENによれば、花山の頬肉は尻から移植したそうだ。
 火傷などで顔の皮膚が焼けた人が尻の皮を移植するってのはよく聞く。
 チャンピオンで連載されていた『満天の星(作:楠本哲)』でも、やっていたし。
 だが、花山は肉ごと移植したらしい。
 筋肉の向きとか神経とか血管とかハードル高そうなんだけど、よく成功したな。
 こっそりブラックジャックが執刀していたのかもしれない。

 尻から移植したってことは、尻の皮が無くなっているハズだ。
 花山はフンドシ一丁で戦うことが多いので、傷ついた尻が出ちゃいますね。
 まあ、尻は尻で脅威の回復をしているかもしれないが。

 ふらつきながら退院しようとする花山は、階段で足を踏みはずし、つかまった手すりを破壊して、そのまま壁を破壊して病院の外に落下していく。
 花山のパワーが強かろうと体重は普通に重い人(力士とか)なみだ。
 体重60kgの人間が3人ぶらさがるぐらいで壊れる手すりなのか?
 壁も脆いし、意外とボロい病院ですね。
 だからヤクザマネーに目が眩んで言いなりなのかも。

 4階と5階の間の踊り場から落下した花山だが、全然ダメージ無さそうだ。
 まさに驚異のタフネスである。
 ただ、ドジっ子になっちゃったので、照れくさい。
 あいかわらずの不死身の肉体だが、今回の死闘で花山も消耗していたようだ。
 とりあえず、しばらく禁酒にしてオムライスを食べて養生してください。
(更新 2018/12/30)


週刊少年チャンピオン2019年4+5号

------
・おまけ 新刊情報
バキ ブルーレイBOX vol.1 [Blu-ray] バキ ブルーレイBOX vol.1が2018/11/16に発売される!
テレビでは黒かったあのシーンも完全公開されているぞ。
vol.1では名勝負である花山vsスペックを含む1〜13話が収録されている!

バキ ブルーレイBOX vol.2が2019/2/27に発売される!
死刑囚編もついに決着だ!
地上波では省略版になっていたSAGAも完全版になっているぞ!
新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS) 新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編が発売だ!
新たな戦士が次々と登場する。
そして、ついに最終決戦の姿が見えてきたぞ!
感想はこちらへ。

新装版 バキ(1): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(2): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ 3 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版 バキ 4 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ) 新装版バキ 5 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版バキ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(7): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(8): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(9): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(10): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) 新装版 バキ(11): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(12): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(13): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ 新装版 バキ(14): 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
新装版バキ15巻 新装版バキ16巻 新装版バキ17巻 新装版バキ18巻
『バキ』のアニメ化にともなって新装版が発売だ!
毎月2巻ずつ発売で、板垣先生描き下ろし新作エピソード収録(13巻以降)だぞ!
12月は17〜18巻で完結だ!

新装版バキ13巻 その後のドリアン感想
新装版バキ14巻 その後のスペック感想
新装版バキ15巻 その後のドイル感想
新装版バキ16巻 その後のシコルスキー感想
新装版バキ17巻 その後の柳龍光感想

刃牙道 22 (少年チャンピオン・コミックス) 刃牙道22巻が発売だ!
ついに刃牙道が完結する!
22巻は189話から198話までッ!
刃牙道(21): 少年チャンピオン・コミックス 刃牙道21巻が発売だ!
ついに刃牙vs武蔵が始まる! いますぐ始めたい! もう始まっちゃうよ!
刃牙vs武蔵は金的の取り合いから始まる!
21巻は180話から188話までッ!
コミックスの変更点特集やりました!

2018年5月10日(24号)
第57撃:2つの源王会

 花山の所属する藤木組が襲撃を受けて組長・秋田太郎は重体になり、No.5長尾竜臣が死亡した。
 藤木組は大ピンチなのだ。
 この襲撃は藤木組のライバル組織・源王会の仕掛けた攻撃なのだろうか?
 その源王会の事情が今回わかるようだ。

『七代目源王会No.2 執行部筆頭川村組々長 川村膳一郎(71)』
『七代目源王会No.5 川村組若頭 峰 力也(49)』


 No.2川村は現在刑務所暮らしのようだ。
 塀の中にいてもNo.2の威光は消えていないらしい。
 この二人は襲撃には関与していないが、なにか思うところがありそうだ。
 二人は高橋代行に連絡しようとしているが、高橋代行ってのがNo.3なのか?
 源王会々長のグランドマスターは引退していなければ、まだNo.1のままだろうが、どーなんだろう。

『七代目源王会No.4 六代目野槌一家総長 川村膳治(50)』
『七代目源王会No.8 六代目野槌一家若頭 二代目鳩親会々長 薬師丸正志(59)』
『七代目源王会No.7 四代目黒田組内 二代目高橋組若頭 蒲公英組々長 春日鉄宏(35)』
『県警本部 組織犯罪対策部係長 警部補 土居恒彦(56)』


 いっぽう、こちらはNo.4の面々である。
 川村膳治は名前からして、川村膳一郎の息子のようだ。
 警部補の土居まで取りこんでいて、かなりの野心があると見た。

 川村膳治は鉄拳にて峰を殴り倒し、拳銃でトドメを刺す。
 こやつ、素手でも強いな!
 だが、トドメを道具に頼るあたりが弱さかも。
 非武装にこだわる花山には届かないな。

 今回の襲撃に川村膳治が深くかかわっているようだ。
 藤木組と源王会の二つの組織で同時に下剋上の叛乱が起きている。
 そうなると下剋上の果てに、組織統合とか狙っているのかも。

 いっぽう、相手もわからず走って富士山の近くまで行ってしまった花山はシャワーを浴びていた。
 うん、汗だらけだろうね。
 そして、水浴びで冷静さを取り戻した花山は復讐を拳に誓うのだった。
 でも、相手が誰だかワカらんので拳の振るうさきが定まらない。
 なので『バキ外伝 疵面(スカーフェイス)』は今回で終了です!
 次回の掲載をお待ちください!


 まさかの連載四回目で休載だッ!
 実質三回目というスピード休載である。
 予想はしていたが、予想よりもずっと早い休載だ。

 風呂敷は広げるより、たたむ方が難しい。
 しかし、広げている最中に休載とは意表をついてきたな。
 刃牙の新シリーズと疵面の連載再開と、どっちが先だろうか?

 そして、来週5/17発売のチャンピオン25号から夢枕獏による小説『ゆうえんち−バキ外伝−』が始まる!
 刃牙の火は途切れず、つづくのだッ!
 だからこそ、安心して休載なのかも。

 来週からは『ゆうえんち−バキ外伝−』の感想だッ!
 センターカラーで始まる刃牙小説だぞッ!
 って、小説なのにカラーって……
 文字が赤茶色と緑色の二種類あるとか?
 あ、はい、カラーイラストつきですね。

疵面 前回 疵面バックナンバー  刃牙 バキアニメ ゆうえんち 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク1 リンク2 TOP

管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
 山口貴由 

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)