バキ道「111〜120話」感想

← 101話〜110話  最新の『バキ道』感想  
バックナンバー ゆうえんち 異世界 烈海王 バキアニメ 疵面 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP

2021年11月18日(51号)
第5部 第111話「怠慢」 (1288回)

 噛み技を進化させたジャック・ハンマーが食事をとる!
 じゃあ前回のトレーニングですら朝飯前の運動だったのか?
 禁欲的(ストイック)で過剰な男だ。

 ジャックが食べるのは、また背骨だ!
 相変わらずの骨食だ!
 野菜は? ビタミンは?
 ヤシの実もあるけど、野菜系が少ないぞ。
 あと、タンパク質も必要じゃ無いのか?

 そこで、この錠剤を大量に噛みくだいて摂取します。
 薬物もそえて栄養バランスも良い。
 いやいやいや、栄養補充とは違う目的の薬だよね!

「薬物…」「止めとらんなァ……」

「食事ダカラ」

 薬が、ご飯がわりだ!
 ほとんど主食ですね。
 ジャックは相変わらずドーピングしまくり人生だ。
 最大トーナメントのころから全然変わっていない。
 ジャックに相変わらずの部分が残っていて、ちょっと安心だ。
 いや、心配だけど。

 ジャックにドーピングを施した博士はすでに亡くなっている。
 ならば、どこの誰から薬を調達しているのだろう。
 資金も必要だが、用量・用法も重要だ。
 どう考えても薬局で売っている薬じゃないよね。
 最低でも処方箋がいる。

まあ、たぶん鎬紅葉が薬を与えていて、ジャックは実質的にモルモットなんだろうけど。
ジャックの体内には生体情報をモニターする機械が埋め込まれていて、常に紅葉にデータを送り続けているかもしれない。
空港で引っ掛かったのは、それもあったりして。
でも、紅葉の人体改造にはジャックも同意しているだろうし、Win-Winの関係ですね。

 ジャックは首に注射まで打って朝のドーピングを終える。
 怖い所に打つな。
 麻薬中毒者は最初に利き手の反対側の左腕に注射を打つ。
 しばらく続けると血管が固くなってしまい、針が通りにくくなるので、反対の右腕に打つ。
 右腕の血管も固くなると、最後に首に打つ。
 首に打つようになった人は、それほど長くかからず死んでしまうらしい。
 ジャックも、ヤバい状態になっているような気がするぞ。

「コレヲ飲メバ強クナレル」
「アレヲ使用シタラ強クナレル」
「ソレガ判リナガラ 手ヲ出サナイ」

「ソレハ単ナル怠慢だ!!」

「強クナレルナラバ正義!!」

 ジャックは強くなるためなら薬を使うべきだと言う。
 これも一つの考え方なんだろうな。
 ただ、何年強くいられるのかを考えると、ジャックの価値観は少し違うと言える。
 10年強くあるため、 年老いてからも強くあるにはどうすべきか?
 数百年の歴史がある武術は、そういう要求にも対応している。

 未来を考えず、現在だけを考えるジャックだから刹那的に今現在の強さを求めるのだろう。
 その割には長期入院が必要な骨延長手術を2回も受けていますけど。
 寝ている間は一時的にかなり弱くなっていたはずだぞ。
 今日、弱くなっているけど良いのか?

 ジャックは強くなるのにこだわっているけど、素手にもこだわっている。
 強くなりたいだけなら武器を使えば良いじゃないか。
 武器を使わないのは怠慢だぞ。

 ジャックが素手にこだわっているのは、範馬勇次郎を素手で倒すという目的があるからだろう。
 刹那的に強さを求めつつ、勇次郎を倒す未来を追っている。
 ジャックの抱える矛盾はけっこう深刻だ。
 今日勝っても、明日勇次郎と闘えなくなるとしたら、それで良いのだろうか?
 薬のやりすぎで判断力が鈍っているのかもしれないな。

 本気で勇次郎を倒したいだけなら、腕っこきのハンターに弟子入りするのが一番かもしれない。
 シリーズ中で範馬勇次郎を倒したと言えるのは、腕っこきのハンターたちによる麻酔銃の一斉射撃だけだ。
 やっぱ、銃は強いよね。

 ドーピングをしてチタンの歯を装着しても武器の使用はしないのがジャックである。
 チタンの歯は武器と言う気もしますが、まあ置いておこう。
 口には出さないが、常に範馬勇次郎への再戦を考えているのだろう。
 宿禰に勝ったら、次は範馬勇次郎だ!
 いや、その前に刃牙へのリベンジか?

 強さへの執念を語ったジャックは地面の揺れを感じる。
 野見宿禰の四股踏みだ!
 お持ち帰りした女性とイチャイチャしているのかと思ったら、帰って来たらしい。
 でも、朝帰りだけどね!
 今晩が試合だけど、ちゃんと寝たのか?

「カケガエノナイ―――」
「コノ上ナク――…」
「良イ姿ジャナイデスカ」

 宿禰の四股踏みにジャックは迫力を感じて賞賛する。
 この場で始めちゃうんじゃないかと心配なほどの高ぶりがありそうだ。
 でも安心してください。
 次週は休載なのでクールダウンできます。
 って、また休載かよ!

追記1 (21/11/24)
休載だ。「業」だなあれは
休載だ。「業」だなあれは。

 恒例の月イチ休載ですね。
 でも、最近は休載が多い。
 それだけ新ジャック・ハンマーを描くのが難しいのか?
 生みの苦しみですね。

 ジャックの戦闘スタイルは表現が難しいのだろうか?
 噛みついちゃうから、すぐに出血して長期戦になりにくいのかもしれない。
 じっくり闘うというより、刹那的に戦うのがジャックのスタイルだ。

 宿禰も今のところ長期戦を闘っていない。
 長期戦が苦手な相撲の特徴なのだろう。
 零鵬との試合も約3話で終了した。
 ジャックとの闘いでは、さすがに長期戦になるだろうけど、どうだろう。

 逆に長期戦が苦手な者同士で、超短期決戦になったりして。
 闘うまでのパフォーマンスがやたらと長いけど、始まったら一瞬で終わるとか。
 やっぱり、ジャック vs 宿禰は読めない闘いになりそうだ。

追記2 (21/11/25)
『バキ道』がまた休載だ
『バキ道』がまた休載だ。

 最近、休載が多いですね。
 試合の展開に悩んでいるのか?
 ジャックが復活したんだけど、なかなか試合が始まらない。
 試合前に、ちょっとジャックの不安点を整理してみたい。
 3点の不安材料がある。

(1) ジャックの新技・嚙道(ごうどう)が良く分からない
 とりあえず、これが大きい。
 噛道がどういう技術体系なのか良く分からないのだ。
 けっきょく、最大トーナメントでのジャックとどう違うのか?

 犬にやったように、組みついて噛むのが噛道なのだろうか?
 最大トーナメントでも刃牙の両腕をつかんで噛みついていたけど、あまり進化していない。
 その程度の進化で大丈夫なのか?

(2) 今は宿禰のターンだ
 話の流れ的に、今は宿禰が勝つところだ。
 ジャックがピクルに挑んだ時と同じように負ける可能性が高い。
 ただ、宮本武蔵に挑んで勝ってしまった本部以蔵という特異なヤツもいる。
 ジャックが勝っても良いんだぞ!

(3) そもそも骨延長手術が失敗だったんじゃ……
 これが最大の不安材料だ。
 現実には身長が大きいと有利だ。
 リーチは長くなるし、筋肉をつけやすいので体重も増えてパワーが増す。

 前にも書きましたが、海上自衛隊「特別警備隊」創設に関わった伊藤祐靖によると、『人間の急所は下半身に集中していますから、背が高いということは、弱点をさらして歩いているようなものなのです。ですから、大きいと格闘でやられてしまいます。それに、体が小さいと酸素消費量と燃料というか、食料も少なくて済みます。ただ、ある程度体重がないとダメなので、165センチは必要です。』(伊藤祐靖 × 成毛眞 特別対談(2)
 反則無しの軍隊格闘技では長身によるデメリットもあるらしい。

 ただ、ジャックは長身になって良かったことがほとんど無かった。
 「打撃が届かないッ!」とか「なんて重量(おも)さだッ!」とか言われたことがない。
 そもそも、刃牙シリーズで身長差があるから打撃が届かないとか、体重差があるから威力にも差が出るとかの話が出てこない。
 あまり現実的すぎると夢がないからだろうか?

 そんな訳で身長を伸ばしたメリットをあまり享受できていない事が最大の問題点だ。
 メチャメチャにやられてしまって、手足を手術で縮める事になったほうが、ジャックにとって良かったりして。
 身長を伸ばしたのは、本当に取り返しのつかない事をしちゃった感じだよな。


○現在、掲示板の調子が良くありません。
 コメントはblogコメントにお願いします。


週刊少年チャンピオン2021年51号
週刊少年チャンピオン2021年51号



週刊少年チャンピオン2021年52号
週刊少年チャンピオン2021年52号



← 101話〜110話  最新の『バキ道』感想  
バックナンバー ゆうえんち 異世界 烈海王 バキアニメ 疵面 餓狼伝 blog 掲示板 Twitter リンク12 TOP

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)
管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします