今週の『ゆうえんち −バキ外伝−』(81回〜90回)感想

← 71回〜80回  ↑最新の感想↑  バックナンバー  
刃牙 バキアニメ blog 掲示板 Twitter 疵面 拳刃 謝男 餓狼伝 リンク12 TOP

2020年1月18日(7号)
連載 第81回 巻の十「この人、状況がわかってるの!?」

 新章開幕だ!
 舞台は相模から米国ニューヨークへとうつる。
 葛城無門、さっそくの放置であった。
 こりゃ、今年も回想に振りまわされそうな予感がする。

『巻の十 女教師キャサリン・ホフマイヤーは語る』

 ニューヨークでインタビュー中だが、聞く話は10年以上前のメイン州にあるハイスクール教師時代のものだ。
 キャサリンの勤める学校に銀行強盗犯が逃げ込んできた。
 5人組の男で、アサルトライフルM16で武装している。
 さすが米国は凶悪犯罪もレベルが高い。

 5人の強盗犯は生徒6人とキャサリンを人質にとり、学校に立てこもる。
 あとでワカったことだが、全員がアフガニスタンで同じ部隊に所属していた元軍人だったそうだ。
 武器も犯人も本格的なヤツだな。
 ハリウッド映画なみの犯罪者だ。

 だが、この学校にはキョウタ・カナムラがいた!
 ハーバード大学を首席で卒業した数学教師だそうだ。
 丸眼鏡のお洒落な男だが、その名に憶えがあるぞ!
 葛城無門と愚地克巳の義理の父・葛城正介の弟・神奈村狂太だ。(ゆうえんち36回

 ライオンにチョークスリーパーかけて落とした葛城正介より強いと言われた神奈村狂太である。
 だが、今回の相手は銃で武装した元軍人だ。
 たぶんライオンよりも、機関銃のほうが強い。
 ウワサの神奈村狂太であっても勝てないんじゃなかろうか。

神奈村狂太?

 キョウタ先生は、いつもと同じように教室のドアを開けて入ってきた。
 あまりに自然な様子だったので、強盗犯は銃口を向けるが、撃たない。
 相手の気をそらす高度なテクニックなのかも。

『この人、状況がわかってるの!?』

 キャサリンがそう思うぐらいの自然体だ。
 むしろ、この状況で自然にふるまっているのは不自然だぞ。
 そう、キョウタ先生は自然を演じているのだ。

『あとで思えば、人数を確認して、どうやってこの男たちを倒すか計算したんだと思います。』

 数学教師だけに、計算している!
 キョウタ先生には勝利の方程式ができあがっているのだ。
 ガムを噛んで備えている。
 それ以外にもなにか仕掛けているようだ。

 だが、相手は5人で銃も持っている。
 人数も武装も強盗犯のほうが上だ。
 相手が銃を構えて撃つまでのわずかな時間で5人を倒すことができるのか?
 うまくいったら、映画化決定の快挙だぞ!

 それと、このタイミングで神奈村狂太が登場したってことは、今回の"ゆうえんち"に参加していそうだ。
 葛城無門とは血縁関係は無いが、義理の叔父である。
 顔を合わせたこともあるだろう。
 二人が"ゆうえんち"で出会ったら、戦うのか?

 葛城無門は柳龍光を探している。
 だが、周辺には龍金剛もいるし、神奈村狂太もいるかもしれない。
 葛城無門は、まだまだ苦労しそうだ。

週刊少年チャンピオン2020年7号
週刊少年チャンピオン2020年7号


2020年1月25日(8号)
連載 第82回 巻の十「たぶん、あいつだ」

 米国メイン州のハイスクールに元軍人の強盗犯が立てこもった。
 だが、その学校には危険な男がいたのだ。
 数学教師キョウタ・カナムラである。

 キョウタ先生は噛んでいたガムを棒状にして口から吹き飛ばした、
 それが、強盗犯のもつ銃口に入り、銃が暴発する!
 銃対策の定番技だ!
 いや、それにしてもガム飛ばすのが上手すぎ!
 キョウタ先生は、何者なんだ? 大道芸の達人か!?

 銃口に物がつまると暴発するという話はよく出てくる。
 でも、『MASTERキートン』で、銃口を指でふさいでもガス圧で指が抜けるから意味が無いというエピソードがあった。
 一方、フレデリック・フォーサイスの小説『神の拳』(AA)では湾岸戦争で、米軍兵士が銃口に入る砂に苦労していたが、英国兵士は銃にコンドームをかぶせていたので掃除いらずだったという話がある。
 銃口に異物はどこまでイケるのか?
 たぶん、現実で試す機会ないんで謎のままである。

 とにかく強盗犯の銃は暴発して、両手首が無くなった。
 のこりの強盗犯たちが銃を撃つ。
 だが、キョウタ先生は両手首を失った強盗犯を盾として防ぐ。
 強盗犯たちを盾として同士討ちをさせつつキョウタ先生は縦横に動く。

 金的蹴り、銃を借りて撃つ、銃ごと蹴りあげ、肘を折り指を折り後頭部を撫でて失神させる。
 素手の数学教師が銃で武装した元軍人5人を倒したッ!
 だが、荒々しいというよりはエレガントなたたずまいだ。
 これがキョウタ・カナムラである。

 高い身体応力と素早い反応と、頭の回転も良い。
 強盗犯を投げたから投げ技も得意なようだ。
 そして蹴りが得意らしい。
 さらに後頭部をなでるだけで、相手に脳震盪(?)させた。
 あと、ガム飛ばしもできる。
 武術家と言うより忍者だな。

『日本の、マーシャル・アーツをやってたみたいですね。
 アイキドーでしたか。
 いえ、ヤマト流でしたか。
 そんな名前だったと思います。』


 ヤマト流か!
 ゆうえんち16回に出てきた磯村露風の流派である。
 意外なつながりが出てきた。
 葛城無門はヤマト流に縁深いんだな。

 キョウタ・カナムラは二か月後に日本へ帰った。
 サーカスをやっていた兄がライオンに殺されたためらしい。
 キャサリン・ホフマイヤーはその時にキョウタの言葉を聞いていた。

「おかしい……」
「兄貴が、ライオンなんかにやられるはずはない……」
「殺されたんだ」
「たぶん、あいつだ。カツラギ・ムモン……」


 キョウタ・カナムラ、……いや葛城無門の義父・葛城正介の弟・神奈村狂太は凍るような声でつぶやいていた。
 葛城無門が、不自由を感じて家出したらしいことはわかっている。
 同様に、義父・葛城正介も無門との仲が良くなかったようだ。
 少なくとも神奈村狂太は、無門が葛城正介の死に関わると考えている。

 葛城正介が死んだのは、無門が家出した2日後ぐらいだ。(ゆうえんち12回
 家出をするとき、無門が義父に何らかのダメージを与えた可能性は前に考えた。(ゆうえんち36回
 狂太の疑問は、あながち間違いではないのかも。

 葛城無門は師・松本太山のカタキである柳龍光を狙っている。
 逆に葛城無門は神奈村狂太に、兄のカタキとして狙われているのかも。
 今回の"ゆうえんち"は、さまざまな復讐が渦巻いているようだ。
 やっぱり、今年も葛城無門が柳龍光と戦うのは大変かもしれない。

週刊少年チャンピオン2020年8号
週刊少年チャンピオン2020年8号


2020年2月1日(9号)
連載 第83回 巻の十「それは、獣だった」

 葛城無門は、義理の叔父にあたる神奈村狂太に狙われているようだ。
 柳龍光を追って"ゆうえんち"に参加した葛城無門である。
 だが、その葛城無門も神奈村狂太に追われているのかもしれない。

 だが、"ゆうえんち"には未知の戦士がまだまだいるぞ!
 傷害事件が無ければ俺は、ヘビー級チャンピオンになっていた。
 右の拳に絶対の自信を持つ元ヘビー級ボクサー!
 ジャン・ロドリックス(2m 167Kg)の登場だ!

ジャン・ロドリックス

 ジャン・ロドリックスは右パンチが強い。
 顔だろうが、腹だろうが当たれば一発だ。
 それどころか、ガードした腕を砕くこともできる。
 右の拳を当てさえすれば勝てるという自信があるのだ。

 なんか餓狼伝の松尾象山みたいだな。
 松尾象山も肩に当てても倒せる拳をもっていた。
 さすがに松尾象山と同等ってコトは無いだろう。
 ジャン・ロドリックスは、どれぐらい松尾象山なのか?

 酒とクスリに酔った少年に絡まれて、軽く殴ったら殺してしまった。
 人種差別の残る南部テキサス州で、36歳の黒人プロボクサーが14歳の白人少年を殺したのだ。
 ナイフで刺されているし、普通なら正当防衛になるところだが、2年刑務所に入ることになった。
 ボクシングの道が閉ざされたので、総合格闘技(MMC)に転向する。
 そこでも右のパンチを主軸に三戦三勝した。

『総合の練習なんて、しなかった。』
 やったのは、全局面パンチ。
 いつ、いかなる時でも、右のパンチを当てる――そのことに特化して、練習をした。』


 伝説のボクサーであるアライさんのように、全局面ボクシングだ!
 右パンチにこだわるから、ロドリックスのほうがより尖っているかも。
 攻撃はパンチだけと割り切っちゃえば、判断も早くなるし、けっこう理にかなったスタイルかも。
 組みつかれて倒されることだけ警戒して戦うスタイルだな。

 "ゆうえんち"に参加したロドリックスは、ハカマをはいた古武術の男をワンパンで倒す。
 ガードした左腕を折って、そのまま顔面を殴る。
 すさまじい威力だ。
 だが、筋肉怪人である松本太山の弟子・葛城無門なら対応できそう。
 もちろん柳龍光も勝つだろうな。

 ロドリックスは36歳でベルトに手が届きそうになった。
 けっこう年齢が高いので、天才型のボクサーではなく、努力型だろうな。
 いくら強いと言っても、無門や柳のような天才や怪物には勝てないかも。

 古武術の男から500万円をうばったロドリックスは新手の接近に気がつく。
 それは、獣だった。
 というか、ライオンです。
 札束の入った透明なビニール袋を首からさげているので、このライオンも参加者らしい。
 今回の参加者は、本当にバラエティー豊かだな!
 "ゆうえんち"って、毎回こんなに豪華なのか?

 ロドリックスはライオンと戦う決意をする。
 やっぱり右パンチを叩きこむつもりか!?
 バキ世界の定番である動物とのファイトが始まろうとしている。
 次回につづく。


 予想はしていたけど、葛城無門がなかなか出てこない。
 かわりに元ボクサーとライオンが出てきたか。
 新キャラ投入で、葛城無門の出番は遠そうだな。

 バキ世界では野生動物を倒したら一流格闘士だ。
 夜叉猿に倒されたころの加藤は二流ですね。
 現在の加藤はどうかワカらんけど。

 で、ライオンと言えば、神奈村狂太だ。
 こりゃ、神奈村狂太が乱入してくるな。
 ロドリックスがライオンに勝てるかどうか微妙だが、最終勝者は神奈村狂太だろうな。

週刊少年チャンピオン2020年9号
週刊少年チャンピオン2020年9号


2020年2月8日(10号)
連載 第84回 巻の十「捜したよ……」

 夜の格闘遊技場"ゆうえんち"では各地で死闘が継続中だ。
 現在は『元ヘビー級ボクサーvsライオン』の異種・格闘技戦が開始(はじ)まろうとしている。
 バキ世界では動物との戦いが避けて通れない。
 動物を倒せないと一流と認めてもらえないぞ!

 元ヘビー級ボクサーのジャン・ロドリックス(2m 167Kg)はライオンを警戒しつつ、逃げる準備を整える。
 戦わずに、逃げる気か!?
 普通の人だ!
 バキ世界の戦士は自らサバンナまで行ってライオンと戦いたがるのに、一般人みたいな反応をしているぞ。

 常識的に言えば、猛獣とは戦いたくないよね。
 だが、常識的であるがゆえにロドリックスは並みの戦士ってことだ。
 加藤清澄だって、夜叉猿Jrとの再戦にむけて鍛えているよ、きっと!

 ロドリックスは、先ほど倒した男をライオンへのオトリに使おうと考える。
 まだ戦う気持ちはあるらしいが、逃げることも考えた行動だ。
 方針が定まっていないのは危ないと言われている。
 やっぱり、ロドリックスの実力は地下戦士には届かないな。

 ロドリックスもライオンも、次の行動を迷っている。
 この状況で、新手の男が入ってきた。
 スーツにネクタイ、革靴、眼鏡と、この"ゆうえんち"に相応しくない格好だ。
 戦場においてもエレガントな男、神奈村狂太である。
 やはり、ライオンと神奈村狂太は惹かれあうのかも。

「捜したよ……」

「おまえ、おれの兄貴を殺して喰ったんだって?」


 このライオンは、あのライオンなのか!?
 葛城無門と愚地克巳の義父・葛城正介を殺害したライオンだ!
 神奈村狂太にとって、兄を殺した直接の仇になる。
 どうやら狂太はライオンの足取りを追って、"ゆうえんち"に来たらしい。
 だが、今回の参加者に葛城無門がいることを知っているのだろうか?

 とりあえず狂太は兄のカタキであるライオンに襲いかかる。
 やはり、猛獣に襲いかかるのが格闘士だ!
 狂太はライオンをチョーク・スリーパーで絞めあげる!
 スーツ・ネクタイ・革靴のまま、絞めあげるのだ!
 ライオンは狂ったように暴れたあと、動かなくなった。
 生死は不明だ。

 ロドリックスは、ここを勝機と見た。
 狂太がライオンからおりる時に生じるスキをつく!
 一撃必殺の右ストレートをぶちこむのだ!
 だが、当たらないッ!

 狂太はロドリックスの右拳を左手でなでた。
 それだけでロドリックスの右ストレートが浮いて、狙いがそれたのだ。
 元プロボクサーの右ストレートに手を当てる。
 神野仁なみの神速をもっているぞ!

 しかも、なでただけで拳が浮く。
 米国で銀行強盗にやったのと同じ技か?(82回
 なでるように見えるが、何らかの衝撃を与えているようだ。
 こっそりデコピンでも やっているのだろうか?

「ぼくにとっては、どんなパンチも、テレフォンパンチなんだよ……」

 やっぱり神速もちのような発言をする狂太である。
 狂太は右手の人差し指で、ロドリックスのアゴ先をなでた。
 それだけでロドリックスは脳に衝撃をうけて意識をうしなう。
 使っているのは人差し指だけのようだ。
 デコピンとは違うらしい。

 ライオンと元ボクサーを無傷で倒した。
 ウワサ通りの強さを見せる神奈村狂太だ。
 ライオンを倒したけど、とくに嬉しいようでもない。
 やっぱり本命は葛城無門なんだろうか?

「悪くはないけど、少し、たいくつだね。もう少し、おもしろいこと、ないかねえ……」

 今回の"ゆうえんち"に葛城無門が参加していることを知らないようなセリフだ。
 ライオンを倒した達成感もないようだし、なにか別の目的もあるかも。
 どちらにしても、無門にとって最大の障害になりそうだ。
 葛城無門が柳龍光と戦える日は遠そうだぞ。

週刊少年チャンピオン2020年10号
週刊少年チャンピオン2020年10号


2020年2月15日(11号)
連載 第85回 巻の十一「1日24時間しか努力できない」

 新章突入、巻の十一「蛟小金丸、葛城無門と神奈村狂太について語る」だ!
 なんか、章の切り替わりが早かったな。
 巻の十には、けっきょく葛城無門が出てこなかった。
 今度は出番があるとイイですね。

 無門の出番が激減しているのは置いといて、小金丸インタビューだ。
 インタビューを受けているってことは、生きていますね。
 再起不能になってベッドの上で寝ながらインタビュー受けている可能性もありますが。
 まあ、それぐらいの再起不能なら花山も回復できたんで問題ないでしょう。

 その時の"ゆうえんち"を小金丸はモニターで見ていた。
 一緒に父・蘭陵王と久我重明もいる。
 相変わらず、スゴい面子だ。
 ここに強盗が侵入したらヒドい目にあう。
 どれぐらいヒドい目にあうのか見てみたいので、入って欲しいぐらいだ。

 蛟小金丸が見るところ、葛城無門は天才である。
 ただ、小金丸は天才と言うものは何人もいると考えているようだ。
 空手でも柔道でも水泳でも陸上でも、トップクラスの人間は天才であり努力をしている。

『みんな、一日二十四時間努力している。
 でも、どんなに努力したって、一日二十四時間しか努力できないんですよ。
 努力は、全員がするんです。
 比べ合うためにです。
 そう、才能ですよ。』


 みんな努力はしている。
 24時間、365日、努力しているのだ。
 努力には時間の限界がある以上、最後に強さを決めるのは才能である。
 それが小金丸の考えだ。

 確かに理屈はあっているような気もする。
 だが、ジャック・ハンマーなら1日30時間の鍛錬という矛盾を超えているのだ!
 ムチャ理論で強化されるあたり、範馬一族はやっぱり異常ですな。
 普通の人間は4時間分 負けている。
 蘭陵王と小金丸は、範馬勇次郎のことをどう思っているんだろう。

 葛城無門は24時間努力して、さらに才能もある。
 だが、ひとつ失敗した。
 小金丸は、なにを失敗したのか言わない。
 ゴブリン春日から500万円を奪わなかったことをちゅういされていたから、それだな。(ゆうえんち80回
 それ以外にも、なにかミスをしているのだろうか?

 モニターを見ている蘭陵王と久我重明が、ウズウズしはじめた。
 久我さんはストイックなところがあるんで我慢するだろう。
 だが、蘭陵王はいつまで我慢できるのだろうか?
 葛城無門vs柳龍光が終わるまで我慢が続けばいいのだが。

 そうこうしているうちに、神奈村狂太がライオンを倒していた。
 蘭陵王は神奈村狂太が何者であるかを調べていたので、無門と縁があることも知っている。
 さすがに二人の関係が険悪に近いとまでは知らないようだが。

 さらに今回の"ゆうえんち"には、龍金剛も参加している。
 小金丸が言うに、龍金剛はモンゴル人でモンゴル相撲の裏技も使えるらしい。
 龍金剛はモンゴル人だったのか!?
 てっきり北海道出身 九重部屋だと思っていたよ。

 出身は置いといて、モンゴル相撲の裏技ってのは気になる。
 モンゴル帝国は世界最大の版図を築いた国だ。
 その強さの秘訣は、騎馬隊を中心とした機動力にある。
 だが、馬を操る兵士も屈強だろうし、その強さの秘密はモンゴル相撲かもしれない。

 その龍金剛に倒された力剛山も元力士である。(ゆうえんち67回
 力剛山も相撲の裏技を知っていて、弟子のマウント斗羽と猪狩に教えていた。
 相撲の裏技問題が原因で龍金剛は力剛山を襲ったらしい。
 ここで言う裏技がモンゴル相撲のモノか、日本の相撲なのかはっきりしないな。
 襲ったぐらいだから、モンゴル相撲の裏技を盗んだのかも。

 こうして、マウント斗羽と猪狩は裏相撲たちと対立することになる。
 もしかしたら、今回の"ゆうえんち"にプロレスラーの刺客がおくりこまれているかもしれない。
 なんか、戦士が倒されるたびに新手が補充されている。
 今回の"ゆうえんち"は何時になったら終わるんだ?

モンゴル出身という衝撃の事実が発表された龍金剛


週刊少年チャンピオン2020年11号
週刊少年チャンピオン2020年11号



← 71回〜80回  ↑最新の感想↑  バックナンバー  
刃牙 バキアニメ blog 掲示板 Twitter 疵面 拳刃 謝男 餓狼伝 リンク12 TOP

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)
管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします