今週の『ゆうえんち −バキ外伝−』(71回〜80回)感想

← 61回〜70回  ↑最新の感想↑  バックナンバー  
刃牙 バキアニメ blog 掲示板 Twitter 疵面 拳刃 謝男 餓狼伝 リンク12 TOP

2019年10月26日(47号)
連載 第71回 巻の九「ワシだってね、そのくらいはできるよ」

 格闘遊技場"ゆうえんち"での話はいったん置いといて、渋川剛気が神速子連れ観音という異名を持つ神野羽矢雄(かんの はやお)について語る。
 まさか、葛城無門を放置して二回も回想するとは思わなかったぜ。
 さすがに、三回目は無いと思うが……

 神野羽矢雄は、あらゆる攻撃をよける殴られ屋をやっていた。
 で、相手をしていたヤクザがとうとう拳銃を持ちだす。
 だが、神野は拳銃チャレンジを簡単に承諾してしまう。
 銃弾をも凌駕するという自信があるようだ。
 さすがに銃弾をよけたことは無いだろうが、それに近い経験があるのだろうか?

 鉄砲の上手に8メートルの間合いで、拳銃を撃たせる。
 神野は三枚重ねのフライパンで銃弾を受けるという勝負になった。
 やるか。
 やろう。
 そういうことになった。

 で、神野は表情もかえず、あっさり銃弾をフライパンで受ける!
 なんという神技か!
 本当にスゴいのは、平然と普通にスゴいことをやってのける事だ。
 ちょっと演出があったほうが世間受けするんだろうけど。

『ワシだってね、そのくらいはできるよ。』

 渋川先生、超負けず嫌い!
 拳銃を持っているなら、今ここでやると言い出す。
 日本ですから、拳銃なんて持っていないと見越して言っているのだろう。
 もっとも、本当に拳銃を撃ってきても受けそうだ。
 それどころか、合気フライパン返しで銃弾を撃ち返しそう。

 渋川剛気は分析する。
 拳銃で狙うなら的の大きい胴体だ。
 フライパンなら大部分をカバーできる。
 さらに拳銃を持つ手の動きから、着弾点を予想すれば可能じゃ!
 『キマイラ』シリーズの宇名月典善も同じこと言って拳銃をフライパンで受けていたな。
 うん、達人なら可能だ。
 可能なのだッッ!

『神野羽矢雄のやつ、柳龍光と出合っちまったってわけだね。』
『その席に、ワシも呼ばれてたってわけだね。』


 ついに、その時がきたッ!
 ヤクザ代理戦としての神野羽矢雄vs柳龍光だ。
 そして、その場に渋川剛気までいる。

 これは危険な組み合わせだ。
 渋川剛気はスキあらば柳龍光を倒そうと狙っていそうだし。
 ヘタすると大惨事が起きるぞ。
 誰が渋川剛気を呼んだんだよ。
 いや、柳がくると聞いて、渋川さん来ちゃったんだろうな。

 神野は柳龍光を見て、ルール変更を申しでる。
 自分も攻撃させて欲しいと。
 柳を見ただけで、その危険性を見破ったのか!
 神野は反射神経だけでなく、洞察力も優れているようだ。

『で、ふたりは、二畳の正方形の中で向きあったんだ。』

 この狭い空間で柳龍光と神野羽矢雄が殴りあう。
 それを神野の息子・神野仁がじっと見ている。
 さらに、背後で渋川剛気も見ているぞ。
 なんという光景だ。

 柳龍光は鍛えに鍛えて強くなった。
 逆に神野羽矢雄は、たぐいまれな素質があって、もともと強い。
 正反対の二人が勝負する。
 まずは、柳が鞭打で攻撃し、神野がよけた。
 互いの力量は、コレでわかったようだ。
 真の闘争はこれから始まる!

 と、言いつつ、話の流れ的に、神野羽矢雄は死にそうだ。
 息子・仁の目の前で柳に殺される。
 毒手なのか、空掌なのかはワカらんが、こりゃ死ぬな

 で、渋川剛気が襲いかかるスキを与えず柳は逃げる。
 神野仁は父のカタキとして柳を殺したい。
 葛城無門も師・松本太山のカタキ討ちで柳と戦いたいのだ。
 こりゃ、柳の取りあいですね。
 そうなると「勝ったほうが柳とやる」状態になって、戦うハメになりそうだ。

 葛城無門の出番が無いのに、強敵ばかり増えている。
 なんか、今回の"ゆうえんち"で柳と戦えるのかあやしくなってきた。
 このまま第三の回想と敵が出てきたら、柳はあきらめたほうが良いのかも。

週刊少年チャンピオン2019年47号
週刊少年チャンピオン2019年47号


2019年11月2日(48号)
連載 第72回 巻の九「よけようがないんだよ」

 神速子連れ観音という異名を持つ殴られない殴られ屋の神野羽矢雄(かんの はやお)は柳龍光と勝負することになる。
 それを渋川剛気が見ていた。
 恐ろしく濃い面子が集まった空間で死闘がはじまる。
 二畳という狭い空間が濃縮された戦場だ。

 柳龍光が鞭打をしかける。
 だが神野は鞭打をかわす。
 常人よりも反応速度が高いと言われる神野らしい回避だ。

 渋川さんが言うには、鞭打は肩の動きを見るとよけることができるらしい。
 いや、できねーよ!
 達人基準で物を言うなッ!
 刃牙だって鞭打を喰らっていたんだし。
 いや、刃牙の場合はマゾだから、わざと喰らっていたのかも。

 柳はわざとスキを作りながら攻撃する。
 神野はそのスキにのらない。
 互いに意図を読みあう高度な攻防だ。
 神野は反射神経だけでなく、頭の回転も早いらしい。

 一分がすぎ、のこり二分となった。
 次の一分はさらに高度な攻防となる。
 柳はフェイントをはさむなど攻撃のバリエーションを増やす。
 神野は攻撃をすることで逃げ方のバリエーションを増やし対抗した。
 応用力もかなりスゴいぞ。

 最後の一分になり、柳の動きが変わった。
 ゆっくりと動きだす。
 速く動いてダメなら、逆にゆっくり動くのか!
 畳二畳のせまい空間でこれをやられると――

『よけようがないんだよ。』

 神野は攻撃することで脱出しようとする。
 だが、柳は空掌を使ってきた!
 空掌は真空状態を作って相手の身体に吸いつく技だ。
 拳の中に真空をつくり、手を開くと真空ができて、物を2センチぐらい吸いこむ事ができる。

 真空をつくるって、こういう理屈だったのか!
 ムチャ理論には違いないが、理屈になっている。
 どっちにしても、手の平が丈夫でないとできない技だよな。
 自分の手の平の皮が逆にはがされてしまいかねない。

 この見えない2センチが神野の読みを狂わせた。
 2センチ届かないハズが、手に吸い込まれて届いてしまう。
 柳龍光の右掌が神野の左頬にはりついた。
 そして、柳が右手を引く!

『神野の顔の左頬の肉、半分、引きはがされちゃったんだなあ。』

 それでも諦めない神野に、柳は追撃の空掌をかける。
 顔面の筋肉がもっていかれ、神野の顔の左半分は骨がむきだしとなった。
 神野の息子・仁は泣き出し、神野の敗北でゲーム終了となる。
 お払い箱になった神野羽矢雄は入院するも顔は元に戻らなかった。
 そして、退院半年後に自殺する。

 強いという自信のあった男が、誇りを砕かれ打倒されたのだ。
 この屈辱をはらすには、柳を倒すしかない。
 だが、その自信がわかなかったのだろう。
 そして、負けたままで生きていけるほどプライドが低くなかったようだ。

 のこされた息子・神野仁は、柳の師匠である空道のマスター国松に弟子いりする。
 父・羽矢雄は才能があったが、柳龍光の努力と経験に敗れた。
 もっとも、柳も天才ではあるんだろうけど。
 息子・神野仁は、父譲りの才能に加えて努力と経験を積んだ。
 この怪物ならば、柳龍光にも勝てるのか!?

 神野仁も柳龍光を狙っている。
 葛城無門と出会ったとき、神野仁はすでに"ゆうえんち"を知っていた。(26回
 今回の"ゆうえんち"にも参加しているかも。

 そうなると、現在の"ゆうえんち"には、葛城無門・柳龍光・龍金剛・神野仁の4人がいることになる。
 とんだ怪物ぞろいの"ゆうえんち"だ。
 さすがに、もう怪物の追加は無いと思うが……
 そして、ちゃんと葛城無門は登場するのだろうか?

週刊少年チャンピオン2019年48号
週刊少年チャンピオン2019年48号


2019年11月9日(49号)
連載 第73回 巻の九「いずれ殺し合うことになるよ」

 神野羽矢雄(かんの はやお)は柳龍光に敗北した。
 職を失い、顔面も半分失い、強者としての誇りも失い、自ら命を絶つ。
 その遺児・神野仁が柳龍光に復讐を誓うのは当然の成り行きだろう。
 葛城無門と同じような境遇だ。
 柳龍光はあちこちで恨まれているな。

 神野仁も今回の"ゆうえんち"に参加していた。
 スタート地点から観覧車が見えたので、ここが相模オリエンタルランドだと知る。
 観覧車の近くってことは、龍金剛の近くにいるってことだ。
 って、ことはしばらく後に葛城無門がやってくるだろう。
 神野仁もカタキと狙う柳龍光と戦う前に波乱がありそうだ。

 そもそも、神野仁が"ゆうえんち"に参加したのは、ボクシングの早田ジムをつぶせなかったためである。
 って事は、葛城無門とも因縁が生じているな。
 早田ジム襲撃を指示したのは、父が世話になっていた北諸天組の組長・北諸天平三郎(きたしょてん へいざぶろう)である。
 神野仁も世話になり、大日本武術空道の道場にも通わせてもらった。
 北諸天には強い手駒をそだてるという思惑があったのだろう。

 しかし、北諸天平三郎とはスゴい名前だな。
 三文字姓に三文字名前を合わせる。通常の1.5倍はある名前だ。
 で、・北諸天(きたしょてん)か。
 秋田組の傘下なのかもしれない。

 神野仁は道場に通い、空道を身につけた。
 父ゆずりの神速もあり、神野仁は道場一の強さとなる。
 だが、師匠のマスター国松が怖いことを言ったので道場を出ることになった。

「ワシとキミとはね、いずれ殺し合うことになるよ」
「師と弟子とはね、そういう関係なんだよ。弟子が強くなってきたら、先生はその弟子と殺し合うことになるのさ。柳龍光とも、まあ、そんな感じだったよ。これは避けられない」


 やっぱ、この世界のマスター国松は良いぞッ! 怖いぞッッ!
 武術の世界は、こんな荒んだ師弟関係ばかりじゃないだろうけど。
 ただ、師匠の威厳を保ちたいから、弟子は定期的に叩いて強さを見せつけるということがあるらしい。
 合気道の塩田剛三も黒帯会を開いて似たようなことをやっていたそうだ。(格闘士烈伝

 マスター国松の場合は、柳龍光という先例があるから性格に問題のある弟子を警戒しているのだろう。
 とりあえず柳龍光を血祭りにあげてから、次の弟子を考えようという気分かも。
 でも、安全を考えるなら出ていくのが吉だ。

 北諸天組の客分となった神野仁は素手で人をぶちのめす仕事をさせられる。
 だが、早田ジム潰しに失敗したので、挽回として"ゆうえんち"に行くことになった。
 神野仁は、柳龍光も"ゆうえんち"に参加するらしいという情報を得ていたため、参加を決心する。

 起きあがった神野仁は木陰でストレッチをした。
 かなり慎重な性格のようだ。
 柳を見ると感情的になる葛城無門とは逆の性格ですね。
 いや、神野仁も柳を前にしたら激昂するかもしれない。

 神野仁は慎重にゆっくり歩く。
 すると前に人影を見つける。
『柳龍光だった。』

 いきなり、柳龍光だッ!
 龍金剛のいる地点にみんな集合しているッ!
 葛城無門はすでに龍金剛の足跡をふんだ。
 柳龍光と神野仁は、その手前あたりだろうか。
 この位置関係なら葛城無門vs龍金剛と、柳龍光vs神野仁のダブルヘッダーだ。

 激闘の予感をさせつつ、あとは神野仁の性格しだいだな。
 神野仁が本当に冷静な男なら、まだ手を出さずに柳龍光が弱ったところを狙うだろう。
 父の汚名を晴らしたいのなら、正々堂々と勝負だ。
 神野仁は、どちらの行動をとるのか!?
 あと、そろそろ葛城無門の出番も欲しいところですが、こりゃしばらくムリかも。


週刊少年チャンピオン2019年49号
週刊少年チャンピオン2019年49号



← 61回〜70回  ↑最新の感想↑  バックナンバー  
刃牙 バキアニメ blog 掲示板 Twitter 疵面 拳刃 謝男 餓狼伝 リンク12 TOP

和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)
管理人:とら  連絡先(E-mail):E-Mail
【特定電子メール法に基づく表示】広告メール、迷惑メールの送信はお断りします